2018年11月21日 (水)

カンボジア観光 その4 水上生活・その他の雑感

中国に端を発したメコン川はビルマ、タイ、ラオス、カンボジア、ベトナムを通って南シナ海に流れ込む。
メコン川の「メー」はタイ語やカンボジア語で「母」を意味し、「コン」は「水」を表すカンボジア語からきているそうですから、カンボジアがその中心地になるらしい。
Cbmapja

セムリアップのすぐ近くには、トンレサップ湖があり、雨季には琵琶湖の20倍という広さで「カンボジアの心臓」とも呼ばれ、ひょうたん型をしている。
一年のうちほとんどの期間は、水深約1mで、琵琶湖の4倍程度の面積しかない。しかし、夏季のモンスーンの時期には湖からプノンペン付近でメコン川に流れ込むトンレサップ川が逆流し、そのため周囲の土地と森は水没、水深も約9mと深さを増す。
トンレサップ湖には有機物が豊富に流れて来るため大量のプランクトンが発生し、魚もたくさん生息します。体重100kgを上回るメコンオオナマズやフグなど600種以上の淡水魚がいるようです。但し、ワニや毒蛇も生息している。
トンレサップ水系で採れる魚は、カンボジア人のたんぱく質摂取量の60%を占めると言う。。
トンレサップ湖からベトナム国境に至る湿地帯には、世界最大の水上生活者がいて、1ブロック1万人、100ブロック以上で約200万人が暮らしているそうです。

続きを読む "カンボジア観光 その4 水上生活・その他の雑感"

| | コメント (0)

2018年11月20日 (火)

カンボジア観光 その3 バンテアイ・スレイとタ・スローム

20日(火)午前中はアンコールワットの東北にあるバンテアイ・スレイとタ・スロームを見学した。
この日は、ガイドさんも変わって同行者は4人でした。

バンテアイ・スレイ
 バンテアイは砦、スレイは女で、「女の砦」を意味する。
ヒンドゥー教寺院で、967年(日本でいえば大化の改新の20年後)の建設と言うからかなり古い。
Img_7606


続きを読む "カンボジア観光 その3 バンテアイ・スレイとタ・スローム"

| | コメント (0)

2018年11月19日 (月)

カンボジア観光 その2 アンコール・トム

19日(月)午後はアンコール・トムを見学した。
Img_7484

「アンコール」は、サンスクリット語の都市からでた言葉。また「トム」は、クメール語で「大きい」という意味だそうです。
アンコールワットは、スーリヤヴァルマン2世により建設されたものであるが、こちらは、その前の王スーリヤヴァルマン1世により新王宮と護国寺院ピミアナカスを建て建設され、その後12世紀後半(日本でいえば平安時代~鎌倉時代)、ジャヤーヴァルマン7世により現在のアンコール・トムが整備された。
当初はヒンドゥー教とした、建てられたが、国王の仏教への改宗により、仏教とヒンドゥー教が融合した寺院となっている。
 

続きを読む "カンボジア観光 その2 アンコール・トム"

| | コメント (0)

カンボジア観光 その1 アンコールワット

Img_7541

8月下旬にカンボジアのトリップを計画した。
カンボジアの乾季は11月上旬?5 月中旬まで、2月ごろになると30℃を超える暑さになるとのことで、11月中旬に行こうと思った。
ネットで現地まで行って、現地案内人に案内してもらうコースがないか調べると、JTBの「現地係員が案内するアンコール遺跡 11万円」というのがある。最も近い出発空港は関西国際空港なので、関空発のコースは、その時点では、なぜか11月18日発11月21日着だけが空いていたので、この日の申し込みをした。

続きを読む "カンボジア観光 その1 アンコールワット"

| | コメント (0)

2018年10月26日 (金)

信州の旅 その4 上田・八千穂高原

10月26日は、9時半に別所温泉かわせみの宿を出発、「安楽寺」と「無言館」を見て回った。

「安楽寺」は、鎌倉時代に建てられた古い臨済禅宗寺院です。後に曹洞宗に改められた。
木造八角三重塔は、木造の八角塔としては全国で一つしかないという貴重な建築だそうです。
Img_7223
 
Img_7230
 

続きを読む "信州の旅 その4 上田・八千穂高原"

| | コメント (0)

2018年10月25日 (木)

信州の旅 その3 松代

10月25日は、松代周辺「川中島古戦場跡」「真田邸」「松代象山地下壕」を見学した。
「川中島古戦場跡」武田信玄と上杉謙信の一騎打ちの場面の銅像です。
Img_7172
 

続きを読む "信州の旅 その3 松代"

| | コメント (0)

信州の旅 その2 善光寺本堂・北向観音

朝5時半に起きて、6時に宿坊の案内者に連れられて善光寺本堂に向かう。
山門の入口に一列に並んでひざを折り頭を下げていると、お貫主様(天台宗の最も偉いお坊様)を先頭に、緑や赤の袈裟をかけたお坊様の一団が来て通りすがりに一人一人の頭を叩いてくれた。

Dsc_0351
 

続きを読む "信州の旅 その2 善光寺本堂・北向観音"

| | コメント (0)

2018年10月24日 (水)

信州の旅 その1 善光寺

第88回ピースボート乗船者で交友を深めた10名でパチパチ会という名前の会を結成し、毎年、持ちまわりでメンバーの地元の旅行している。
今年は3回目で、信州の旅です。
各自、鉄道あるいは自動車で、10月24日午後2時に善光寺の宿坊淵の房に集合する。
今回の参加者は9名です。
Img_7161
 

続きを読む "信州の旅 その1 善光寺"

| | コメント (0)

2018年1月 2日 (火)

宮古島

1月2日、午前8時に宮古島平良港に入港した。
今日は、宮古島観光である。
ピースボートの4人部屋では、他の乗船者とのコミュニケーションの関係で、仲良し組3人以上は同室にしない決まりになっている。そんな決まりで、88PB”4人会”のメンバーは3部屋の別れてしまった。
当初、オプショナルツアーを申し込んであったが、船に乗った後、それが縁でオプショナルツアーをキャンセルして、3部屋合同で、タクシーを借りて島内を廻ろうということになった。
費用も安く尽くし、気ままに回れるのでラッキー!
午前10時、ミス宮古島の歓迎を受けて、3台のタクシーに分乗して島内を観光に出かけた。
運転手さん話では、宮古島は12月から3月が観光には一番良い季節だとか。気温は17℃~25℃で台風が来ない。
他の季節は、天気は良い時は素晴らしいが、台風や雨があり、天候が保証できないとのことであった。
Img_7008


続きを読む "宮古島"

| | コメント (0)

2018年1月 1日 (月)

台北

元旦は、9時頃 船を出て電車(MRT)で台北に向かう。
今日は、同室のKさんが、水先案内人として乗船されている鍼灸マッサージ治療・太極拳講師の大沢先生と知り合いで、大沢先生を中心に船で知り合った10人が一緒に行くことになった。
MRTの基隆駅は港の桟橋のすぐ横にあり台北行きは15分間隔で出ている。所要時間は約1時間である。
地下道を通り抜けるとすぐ近くに新光三越駅前店がある。途中でグループからはぐれてたれたら、各自自分でここへ戻るよう確認する。

Img_6977

続きを読む "台北"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧