« 信州の旅 その3 松代 | トップページ

2018年10月26日 (金)

信州の旅 その4 上田・八千穂高原

10月26日は、9時半に別所温泉かわせみの宿を出発、「安楽寺」と「無言館」を見て回った。

「安楽寺」は、鎌倉時代に建てられた古い臨済禅宗寺院です。後に曹洞宗に改められた。
木造八角三重塔は、木造の八角塔としては全国で一つしかないという貴重な建築だそうです。
Img_7223
 
Img_7230
 

戦没画学生慰霊美術館「無言館」
無言館は作家水上勉氏の息子さんである窪島誠一郎氏により、信濃デッサン館の分館として長野オリンピックの時期に開館した美術館です。
第二次世界大戦中、志半ばで戦場に散った画学生たちの残した絵画や作品、イーゼルなどの愛用品を収蔵、展示している。
故郷の風景画が多いような気がしました。写真禁止のため絵画の写真はありません。
Img_7240
 
 
午後からは、メンバーの1人Mさんの八ヶ岳山麓八千穂高原の別荘に向かう。
八千穂レイク、白樺と紅葉、湖のブルーがきれいです。
Img_7255
 
Img_7245
 
Mさんの山荘です。
Img_7261
 
すぐ下のせせらぎが通って鳥のさえずりが聞こえてくる。  
Img_7274
 
希望者は、ここで一泊して八千穂高原を散策することになっていましたが、私は所用にため、ここから、その日のうちに自宅に帰りました。

楽しく、また、色々勉強になった3日間でした。
今回の幹事のHさん、Mさん、キャンピングカーに同乗させていただいたYさん お世話になりました。ありがとうございました。
来年、またお会いしましょう。

|

« 信州の旅 その3 松代 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信州の旅 その3 松代 | トップページ