« 歴史都市ルチェルン | トップページ | 雨のグリンデルワルト »

2017年7月23日 (日)

センバッハ・Nのウォーキング大会に参加

5月ごろにインターネットで8/22、23日にルチェルンの近くのセンバッハ・ノウエンキリッヒでIVV登録のウォーキングイベントがあることを知った。
近代ウォーキングイベントは1900年代にヨーロッパで発祥したと聞いているので、どんな風に行っているか行ったみたくなり、出発の数か月前にgoogle翻訳を使って、ドイツ語メールで参加申し込みをした。
朝9時半ごろ、センバッハ・ノウエンキリッヒの会場の公民館についた。

Img_6321

Img_6294

ウォーキングイベントといっても、日本の大会のように出発式があるわけではない。参加受付付けは午前7時から午後2時まで、参加者は自分の都合に良い時間に行って、一回りして帰ってくる。距離は3㎞、5㎞、10㎞、20㎞がある。終了時間は午後5時である。
受付に行くと、先にメール連絡したときに返事をくれた幹事のAさんが出てきて握手。しかし、Aさんは英語ができないので、英語が話せる事務局の人をつれてきた。
受付の様子は、日本のウォーキングイベントとほぼ同じである。コース説明を聞いたが、コース地図がない。道の角に赤いIVVのマークや矢印があるので、それを見つけて回ってきてほしいとのこと。オリエンテーリングのようだ。

Img_6305

参加費は6スイスフラン。私は10㎞コースへの参加を申し込んだ。
参加者は高齢者が多い。
私の前へ行く人は、揃いのウエアを着ているのでクラブ同行者だと思う。しかし、歩くのが非常にゆっくりしている。日本のようにコセコセ歩く人は誰もいない。
皆さん、自分の体の状態に合わせて歩いているようだ。

Img_6297

コースは、センバッハ湖の湖畔を通り抜けて、牧場をひとめぐりする大変景色のよいところである。
センバッハ湖
Img_6306
キャンピング場
Img_6311

コースの矢印が良くわからないので、前を歩く人を目印して歩いていたら、5㎞のチェクポイントに出てしまった。
チェックポイントで10㎞はどう行ったら聞いたのだが、ドイツ語で答えてくれた。ここでは、英語がわかる人がほとんどいない。
よくわからないので、仕方なく皆と一緒に5㎞コースに沿って帰ることにした。

Img_6314

それにしても、ここは古くはウイリアムテルの世界なのだ。
ネットを見ると、1386年のスイス八州同盟軍は「ゼンパッハの戦い」でドイツ地方の盟主のハプスブルク家騎士団との戦闘に完勝した。
これを契機にハプスブルク家がスイス内の領地を次々に失い、スイス国家が成立したとある。
Img_6316

スタート地点に帰ると、完歩記録をくれた。IVVの記録帳に証明印をもらっている人もいた。ここの所は日本と同じである。ただし、私は記録帳を持ってくるのを忘れたので証明はもらえなかった。
集会場の中に入ると、帰った人が食事を摂ったり、ビール、ワイン、コーヒーを飲みながらだべっている。要するに、これは地域の交流の場なんですね。
Img_6322

私に対しては、日本からわざわざ参加してくれたということで、センバッハ・ノウエンキルッヒウォーキングクラブの特別会員のワッペンをくれた。 ありがとうございました。
Img_6327

ここに参加して感じたことは、ウォーキングは、日本にありがちな、ガツガツ歩くものではない。出発式や団体歩行がないということは、各人が他人を気にせず自分の体に合わせてマイペースで歩くことができる。
ここでのウォーキングイベントはその点を配慮して企画されているようだ、と合点した。
高齢者は、マイペースでゆっくり歩けば80才でも90才でも参加できる。
ここへきて、そのことを学んだ。

|

« 歴史都市ルチェルン | トップページ | 雨のグリンデルワルト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歴史都市ルチェルン | トップページ | 雨のグリンデルワルト »