« 雨のグリンデルワルト | トップページ | 氷河特急の旅 »

2017年7月26日 (水)

マッターホルン展望トレッキング

Img_6576_2

7月26日(水)

今日の天気予報を見ると、晴れ時々雨となっている。
この日は、個人旅行代理店“みゅう”のガイドさんを頼んであった。
7時45分、ツェルマットのレイルステーション(標高1620m)に集合、駅に行くと日本人の女性ガイドさんだった。山が好きでスイスに住み着き、山岳ガイドをやって7年になるという。

ここからゴルノグラードの山頂(標高3089m)まで、登山電車で登る。
山頂駅で降りるところ
Img_6381_2

出がけは小雨だったが、山頂につくと晴れてきて、少しずつ視界が開けてきた。
気温は零度近く、昨日雪が降ったようで、うっすらと積もっている。寒いのでキルティングコートを着込む。ここから歩いて山頂の展望台まで登る。
展望台からマッターホルンを望む
Img_6403_2
展望台からの下を見るとゴルナー氷河が見える。
Img_6394

Img_6430

山頂駅から、一つ下のローテンボーデン駅(標高2815m)まで電車で降りる。
Img_6411

すぐ前にイタリア側と背中合わせなっている山岳スキー場が見える。(中央の光っているところ)
Img_6413

ここから、リフェルベルグ(標高2582m)まで、ガイドさんの案内で山や高山植物の説明を聞きながら下山する。
ここも温暖化の関係で異常気象、例年、山の花は7月初めに満開になるのだが、今年は6月に暑い日が続き、6月中旬に満開になってしまったそうである。
花の種類は、日本の高山の花と似ているが、花がすべて小さい。標高が高いので大きくなれないそうだ。
高山植物(クリックすると拡大します)
Img_6425Img_6427

Img_6436Img_6439

Img_6441Img_6491

逆さマッターホルンが見える池まで下りたところで、マッターホルン(標高4478m)の雲が取れてきた。
壁が白いのは、雪でこの季節に白い雪をかぶった壁が見えるのは珍しいとのことであった。
Img_6447

Img_6480

リッフェルベルグ駅の近く ― 顔の黒い羊さん
Img_6508

リッフェルベルグ駅まで降りたところでガイドさんと別れる。
Img_6511

ローテンボーデン駅のレストランでマッターホルンを眺めながら昼食をとる。
マッターホルンが大変きれい。
昨日、一昨日と天候が悪く雪が降った関係で、白く輝いて見える。
Img_6534

昼食後は、正面に登山道に沿ってツェルマットまで歩いて降りる。
マッターホルンにはいつも雲がかかっており、全貌はなかなか見えない。時々ちらりと顔を出すのだが、すぐ隠れてしまう。
時々、地元スイスの人たちがリュックを担いて登ってくるのと出会う。
Img_6548

Img_6605

ツェルマットに着いたのは午後5時だった。
Img_6611

|

« 雨のグリンデルワルト | トップページ | 氷河特急の旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨のグリンデルワルト | トップページ | 氷河特急の旅 »