« 社交ダンス最終発表会 | トップページ | 初詣ウォーク「4社巡り」に行ってきました »

2015年12月 3日 (木)

第88回ピースボートに感謝!

Img_2777

 12月1日は「みんなのフェスティバルの日」でした。
船に乗ってカルチャスクールや自主企画を行った結果発表会の日である。「展示の部」と「発表の部」がある。「発表の部」では全部で41のグループが午後2時から24時まで休憩を挟みながら発表した。
 私はサルサダンスの発表に参加した。サルサダンスは、途中で練習を休んだ日もあって余り自信がなかった。本番はまあまあだったと思ったのだが、発表を終えたあとパートナーのAさんより「怖い顔をしていたよ。こちょばしてやろうかと思った」と言われた。自分では気がつかなかったが緊張していたのだろう。

 私がこの船に乗ってからカルチャスクールで習得したことを振り返って見ると「ノルディックウォーク」「社交ダンス」「サルサダンス」「ZUMBA」「タヒチアンダンス」である。
 特に社交ダンスにはかなりの時間をかけた。習った結果を活かすには、これからもダンスを続けなければならない。社交ダンスについてはM先生を囲んだ「社交ダンスの会」が結成され、船を降りてからも定期的にダンスパーティーを兼ねた懇親会が開催されることになっている。やはり、帰ったからも近くの公民館等で開催される社交ダンスの会に参加し腕を磨き続けなければ忘れてしまうだろう。

 12月1日の夜は2時間ほど、一人で波平の野外カウンターで月をながめながらリザーブしてあった黒霧島を空けた(とは言っても少ししか残っていなかったのだが)。
一人で飲んでいると色んなことが頭に浮かんでくる。
この船に乗って何を得たのだろうか?
この船には自分と同年代の人が沢山乗っている。いやでも同年代の人と比較してしまう。
この船に乗ってこれまで自分が意識していなかった3つのことに気づいた。

 1つは、自分の英会話が意外と、どこの寄港地でも通用したということである。これからは、世界中のどこへでも一人で出かけることができるという自信がついた。
 2つ目は、ダンスのことである。手前味噌になるが、自分は同年代の人よりステップの習得スピードが早いようだ。ZUMBAのようなテンポが早く持続性があるダンスにもついていける。
 3つ目は、これまで自分は控えめな性格だと思っていたが、以外と新しがり屋で出たがり屋であるようだ。ある人に指摘されて潜在的にはそんな所があったのだと気がついた。

 この船に乗ってピースボートのスタッフやパッセンジャー、沢山の人と知り合えた。
 特に懇意にしていだいた、同室のKさん、Oさん。共にウォーキングが趣味の箕面のSさんご夫妻。船に乗って最初にディナーで会って以来何かと話し相手になっていただいたTさん。Tさんのお陰で60歳~66歳までが中心メンバーの10人で結成されたぱちぱち会(88回ピースボートの10人の会)のメンバーになった。60歳~66歳までが中心なのに、ただ一人私だけが73歳。これからも年1回程度、持ち回りで集まって会うことになるだろう。ありがたいと思っている。

 そして次のことが、私が得た最大の結論である。
 私はドバイ、サントリーニ島、ピレウス(ギリシャ)、ドブロウニク(クロアチア)、ボラボラ島と自分一人で気ままに歩いてきた。自分一人で歩くというのは好きな所に行けるので楽しいようで反面寂しいものである。そんな時、現地の人が優しく声をかけてくれたことがどんなに嬉しかったか。日本に個人で観光に来ている外国人も同じ思いをしているのではないでしょうか。

 これからの日本では少子高齢化、人口減少が更に続き、国内での物づくりはアジア各国に価格的に太刀打ちできない。第88回ピースボートの寄港でも、シンガポール、インド、ドバイ、ドーハ、トルコの各開発途上国への周辺地域からの人口流入と経済発展が続いていることを見てきた。一方、サントリーニ島、ヴェネチア、ドブロブニク、ギリシャ、コトル、パレルモといった地中海周辺の地域は過去の遺産による観光だけで生きている。
 日本の地方は、地中海地域のような有名な遺産がないので、もっとひどい状態になりつつある。大都市圏は別として、日本の地方は、結果的に観光を中心とし農業を中核としたものづくりやサービスで生きていかざるを得ない時代となるだろう。
できれば、これからの日本、特に地方の持続に役立ちたい。
この船にのる前は、船を降りればもう英語を使う機会はないだろう。これから勉強しても仕方がないと思っていた。でも、この考えは間違っていたことに気づいた。
 これから英語を勉強し直して、できればTOIEC 700点台まで上達したい。そして、日本を訪れる外国の観光客に対して日本の地方のありふれた生活、日本にしかない地元の良さを紹介するボランティアをやりたい。
これが、私のこれからの目標です。

 73歳という高齢域に到達する直前の年齢ではあるが、これからも夢を持って生きて行きたい。このことがこの船に乗って得た最大の収穫です。

この船で出会って、お付き合いいただいた全ての皆様に感謝します!
どうもありがとうございました。

|

« 社交ダンス最終発表会 | トップページ | 初詣ウォーク「4社巡り」に行ってきました »

コメント

いつもワクワクしながら拝読していました。素晴らしい時間を過ごされ、本当によかったですね。
私も定年後にピースボートに乗りたいと思っています。一連の記事を読ませていただいて、その思いを強くしました。
報告会をしてくださいね!

投稿: Repu | 2015年12月 3日 (木) 22時44分

Repuさん  ブログ読んでいただいてありがとうございます。現在航行中のピースボート:オーシャンドリーム号はパナマから借りたものでかなり老朽化しています。現在、最新鋭の自前のエコシップ(世界で一番CO2 排出量の少ない船)が建造が進められており2020年から就航します。もうすぐ乗船申し込み受付が開始されると思います。

投稿: がまがえる | 2015年12月 5日 (土) 11時07分

楽しく読ませていただきました。
私はこどもが小さいのでまだまだ夢のお話ですが。。。。。
がまがえるさんのblogを見て遠い未来かもしれませんが、
絶対行くぞ!って気持ちで頑張っていきます。
楽しいblogありがとうございます!

投稿: ひろ | 2015年12月15日 (火) 19時26分

ひろさん 楽しんでブログ読んでいただいてありがとうございます。多分お出来になると思いますが、簡単な英会話ができると自由行動がとれるので楽しみが倍増します。

投稿: がまがえる | 2015年12月15日 (火) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 社交ダンス最終発表会 | トップページ | 初詣ウォーク「4社巡り」に行ってきました »