« 紅葉の奥高野山を歩く | トップページ | ウォーキングで新潟市内観光 »

2014年11月 9日 (日)

関ヶ原-木之崎、浅井三姉妹街道ウォーク

11月3日、文化の日、前日の晩に寒冷前線が通過し、晴れているのに雨が降る、まさに狐の嫁入り、という天気の中、関ヶ原から木之崎まで40km、淺井三姉妹ウォークに参加しました。
浅井三姉妹というのは、織田信長の妹お市の方と浅井長政との間にできた三姉妹のことである。
長女は今放映中の大河ドラマ黒田官兵衛に出て来る豊臣家の側室後正室の「茶々」、次女が大津城主から後に若狭の国の城主となった京極高次の正室「初」、徳川家二代将軍の正室「江」です。

001

私ごとですが、恥ずかしながら淺井を「あさい」と読んでいましたが、ここに来て「あざい」であったことを知りました。
 

Img_1563

家を朝5時に出発、7時半に関ヶ原町の和ざみの広場に着く。事前登録制で、参加者全員にあいうえお順位ゼッケンが渡される。当日の参加者は約100人でした。

Img_1566

午前8時、浅井家の武将達と三姉妹のゆるキャラに見送られて和ざみの広場を出発する。

Img_1572

関ヶ原の町中を通り抜け、ゆるやかな坂を登って中山道に入る。ここは昔であれば近江と美濃の国の国境です。
最初は、先頭集団について行ったつもりであったが、段々と差が開き、ここまで来ると中程より後ろになってしまった
 

Img_1574

中山道を抜けると、目の前に伊吹山が現れる。伊吹山の南側斜面です。
 

Img_1576

道路の左手に虹が立っている。気温は13℃程度だと思うが北風が吹き付けて寒い。ヤッケの下に薄い防寒着を着込んだ。
 

Img_1581

道は伊吹山の西側に回りこむ。この当たりは石田三成の出生地の近くとのことです。
 

Img_1585

15km地点、伊吹山山麓グリーンパーク山東です。
ここには、体育館やキャンプ場などのスポーツ施設の他、憩いの場としての庭園も整っている。
グリーンパーク山東の中を通り抜ける。
 

Img_1586

珍しい瓦葺きの校舎が見えて来た。学校名を見ると大原小学校とあった。
 

Img_1589

20km地点、長浜市佐野の七尾公民館のチェックポイントです。
チェックポイントは全部で9ヶ所あり、各ポイントに水と飴・チェコレート、場所によっては和菓子、バナナ、みかんなどが置いてある。
 

Img_1592

12時30分後頃、25km地点、あざい三方市場についた。
 

Img_1596

ここで、昼食のおにぎりと豚汁が出る。
赤シャツは大会スタッフ、横にござが敷いてあり参加者はござに座って昼食をとる。
 

Img_1597

三方広場を出ると、目の前に虹が立っている。
こんなに鮮やかで低い位置の虹を見たのは初めてです。
 

Img_1601

実宰院に着く。
この寺は、天正元年(1573年)小谷城が落城する時に、城主浅井長政はお市の方と三姉妹を野良姿に変装させ、この寺に逃れさせた。
その後、お市の方は清洲城に連れ戻された。
信長の残党がりが、この寺に来た時に、寺の見久尼の機転により三姉妹を隠してしまい、三姉妹は生き延びることができた。その後、お市の方は柴田勝家と再婚したが、秀吉との戦に敗れ、お市の方も一緒に死んでしまった。
見久尼はみなしごとなった三姉妹を、この寺に引き取り立派に育て上げたとのことである。
大河ドラマを見ていると、茶々というのはわがまま娘のように描かれているが、本当は相当に苦労したのかも知れませんね。
 

Img_1604

30km地点、小谷城跡です。
 

Img_1608

写真中央に見える山の頂に小谷城があった。
写真手前の山の麓に「戦国ステーション」という資料館がある。
「戦国ステーション」についたときに、丁度大粒の雨が降ってきた。濡れて大変なので雨具を着直して素通りしてしまった。
 

Img_1611

北国街道沿いに進むと、町の中心を用水が流れている。中々風情があります。
 

Img_1613

高時川の堤防沿いの桜並木を進む。
 

Img_1616

前方に二本の虹が立っている。
今日、虹を見るのは、これで5回目です。
 

Img_1619

ゴール4km手前、雨森のチェックポイントです。
バナナ、みかん、チョコレート、スープなどが用意され、参加者は好きなものを選んで食べることができる。
チェックポイント毎に食べていると、幾ら歩いてもダイエットにはならない。
ウォーキングの後、かえって太ってしまった。
 

Img_1623

ゴール200m手前に「黒田官兵衛大河ドラマ館」がある。無料入場券がついているので入って見学する。
何でこんな所に黒田官兵衛が出て来るかというと、黒田家の先祖は木之崎だった。木之崎市に黒田町という町があり、黒田家はここから播磨に出て行った。
 

Img_1629

画面の前に立つと、戦国武将の帽子を被った姿が映る。
数秒で、次々と変化するので、うまく写真にできなかったが、何度かトライして取りあえず記念写真にした。
 

Img_1630

16時40分、40kmゴール 木之本地蔵院に到着した。
昼休み・休憩時間を除くと、所要時間は8時間弱、5km1時間のペースでした。
自分としては、まあまあと思うのですが、昼食地点の弁当の残り数と、その後追いつきも追い越されたこともなかったことを考えると100人中80~90番のあたりだと思います。
春には余呉から長浜までの40kmコースを歩きペースは同じ位思います。その時は、後ろの来る人がかなりいたように思います。
このコースの参加者は、皆さん健脚ですね。
何はともあれ、完歩出来てよかった。
天気が余りよくなかったのが残念だけど、今回は美しい虹を何本も見ることが出来た。
同行してくれたMさん、ありがとう。
また、滋賀県の大会スタッフの皆さん、お世話にいただきありがとうございました。
 

|

« 紅葉の奥高野山を歩く | トップページ | ウォーキングで新潟市内観光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紅葉の奥高野山を歩く | トップページ | ウォーキングで新潟市内観光 »