« 加賀百万石ウォークツーデーウォーク | トップページ | 70歳からの立山登山 »

2014年7月 7日 (月)

立山まるごとウォーク第2日目

Rimg0006

7月6日(日)第10回立山まるごとウォーク、第2日目23kmコースに参加しました。
このコースは、森林セラピーコースとして、歩きたくなるコース500選にも登録されているので、期待して参加しました。

Rimg0001

朝8時、標高480m立山山麓スキー場にある大山農山交流センタ-に集合する。
第一日目(5日)は、小雨だったそうだが、6日は曇りで時々晴れ間も見える。
まあまあの天気です。
23kmコースは健脚向けで、例によって全国各地から愛好者が集まっている。

 

 

Rimg0007

午前8時30分、大山農山交流センタ-をスタート。立山山麓家族村を通って粟巣野スキー場に向かう。
粟巣野スキー場の下のゲレンデから200mの坂を一気に登って山頂にある百間滑まで行く。
 
 
 
 
Rimg0015

百間滑です。

渓流の両側の新緑がきれいです。
百間滑とは、このような緩やかな渓流が百間続くという意味でしょうか?
 
 
 
 
 
 
Rimg0021

百間滑りからゴンドラ山麓駅に行き、ゴンドラで標高1140m極楽坂山の稜線に登る。

稜線沿い山道です。
ニッコウキスゲの咲く道を「展望台」に向かう。
 
 
 
 
 
Rimg0023

展望台に着いたが、あいにく霧がかかって何も見えない。

展望台のすぐ横に「キーンコーン」をよい音色のする鐘がある
写真ポール左上の風見鶏は雷鳥です。
雷鳥は夫婦間の絆が強いことから、この鐘は「幸せの鐘」と名付けられている。
 
 
 
Serapi

ゴンドラを降りて、中部自然歩道に入る。

森林の香りの中、緩やかな上り道が続く。
ここで通り雨にあい、雨具を取り出して歩く。山の天気は変わりやすい。
 
 
 
 
Rimg0027

有峰、亀谷温泉を通って、小見町に入る。

小見小学校の横、常願寺川の川岸で昼食をとる。
すぐ横で、親子連れが岩登りのトレーニングをしていた。
 
 
 
 
 
Rimg0036

立山大橋に出る。

この橋は、長さ400m、高さ50m、平成11年に完成した比較的新しい橋だ。
橋から下を見ると目がくらみそうだ。
 
 
 
 
Tateyama

午後2時30分、無事ゴールの大山農山村交流センターに着いた。

今回のコースは、アップダウンや変化があり、いつの間にかついたという感じです。
しかし、72歳のウォーカーとしては、百間滝の200mの登りは少しきつかった。
極楽坂山稜線の高山植物、セラピー満喫の森林の道を歩くのが良かった。
今回は、途中で雨にあったのが残念です。
同行していただいたMさん、ありがとうございました。
また、道案内をしていただいた富山県のウォーキング協会のスタッフの皆様、ありがとうございました。

|

« 加賀百万石ウォークツーデーウォーク | トップページ | 70歳からの立山登山 »

コメント

23㎞のウォーキング、お疲れ様でした。
さすが立山、良いコースですね。
この日私は別のウォーキングに参加したので、
がまがえるさんのブログでコースの写真を拝見できてうれしいです。
ニッコウキスゲの咲く道、歩いてみたいです~。

投稿: walkerZ | 2014年7月 8日 (火) 06時28分

近くなので次回是非参加してください。大会スタッフとして高岡ウォーキング協会、参加者に石川・小松・七尾ウォーキング協会の人・・等 顔見知りの人が何人かいました。

投稿: がまがえる | 2014年7月 8日 (火) 16時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 加賀百万石ウォークツーデーウォーク | トップページ | 70歳からの立山登山 »