« 過疎の村の英雄 | トップページ | 幸せとは何だろう »

2013年12月31日 (火)

今年の反省と来年の目標

  今年もあと数時間となりました。
昨年までは、この時間は「自分史10大ニュースと来年の目標」を書いていたのですが、来年の干支は午、私は午年の生まれ、6廻りを終え、7廻り目に入る。
もうバリバリやれる年ではない。これまでと発想を転換する必要がある。
 ハヴィガーストの発達課題では「自我の統合性」の時期で、この年齢では以下の6つの課題を達成した人が幸福な生活を送れるとのこと。
(1)肉体的な力や健康の衰退に適応すること。
(2)引退と収入減少への適応。
(3)配偶者の死に適応すること。
(4)同輩者と明るい親密な関係を結ぶこと。
(5)社会的、市民的義務を引き受けること。
(6)肉体的な生活を満足におくれるように、また、死の到来への準備と受容。
 
そこで、この6つの課題から今年何をしたか、来年は何をするか、を考えてみた。
 
(1)肉体的な力や健康の衰退に適応すること。
 
◆身体面の老化
 一昨年、遅発性内リンパ水腫でダウンしたが、現在は完治とまでは行かないが発作は殆ど起きていない。
定期健康診断でも異常は発見されていない。
10月にオムロンの体組成計を購入し毎日測定している、
体年齢は60歳を保っているが、体脂肪率が28.5%とやや異常である。
来年は、これを27%に減らすことを目標とする。
現在、毎日ウォーキング1~2時間、腹筋50回、週1回太極拳教室、毎月1回以上ウォーキング大会に参加することを心がけているが、かなり気まぐれである。
来年は、100%実施を目標にする。
 
◆知識機能の低下
 物忘れ、記憶力や計算力の低下、新しいことへの興味や関心の喪失。
自分は生涯現役を宣言し実施してきた関係で、同年代の他の人よりは低下していないと勝手に思っているのだが、それでもワクワクする事が少なくなった。
今後も生涯現役を貫く。但し、楽しみながら程々に!
来年は、町内会の役員をもう1年やらねばならないので仕方ないが、再来年の秋は是非ピースボートで世界一周しワクワクしたい。
 
◆感情反応の変化
 この年代の特徴は「喪失感」からくる不安感情で精神障害を起こすことだそうである。
今年5月から、毎日「今日のいいこと」を3つ書くようにしている。これは、プラス思考の保持に効果があると実感した、来年もこれを続ける。
今年になって、かなり酒を飲むようになった。月に焼酎1.8リットル2本は空ける。騒ぎながら飲む酒はストレスを解消し気分転換に良いのだが、量は少し控えた方が良いかも知れない。
 
(2)引退と収入減少への適応。
 これまで、子ども3人を大学へ出し結婚、家も建て替えた。お金は使い果たした。
しかし、子供たちは皆んな都会に行ってしまった
年金だけでは、心身とも健康な生活を送ることはできない。
肉体的な仕事は限界があるが、頭を使う仕事は年を取ってもできる。
数年前に比べると仕事量は、かなり減っているが、来年以降もISOやエコアクション21マネジメントシステムのコンサルや審査、研修引き続き実施する。
 
(3)配偶者の死に適応すること。
 女房はまだ元気であるので、まだ、これは考えない。
しかし、万一を考えて、今のうちに料理教室に行っておいた方が良いかも知れない。
 
(4)同輩者と明るい親密な関係を結ぶこと。
 町内老人会、コマツ粟津工場OB会、UW通信制大学院OB会、コマツ工専同期会、趣味の会(ウォーキング、太極拳)、Facebookなどかなりの交際があるので、これはできていると思います。
 
(5)社会的、市民的義務を引き受けること。
 町内会書記、地球温暖化防止活動推進員、環境カウンセラーズ。
また、今年から小松短期大学ものづくりプログラムの環境講座のお手伝いをさせてもらっている。
町内会書記は来年で7年目に入る。
 
(6)肉体的な生活を満足におくれるように準備する、また、死の到来への準備と受容。
 これは、まだやっていないのです。
来年は「断捨離」をしなければならない。
そろそろエンディングノートも書かかなくてならないようだ。
 

|

« 過疎の村の英雄 | トップページ | 幸せとは何だろう »

コメント

元気になる文章で、ちょくちょく見せていただいています。
20年まえから耳なりで、片耳失聴とのことですが原因は何
でしょうか。私も最近耳なりと難聴ぎみです 昔中耳炎で
鼓膜切開の後遺症だろうとおもいますが。50で聞こえのわるい
のは早いと感じています。愚痴ぽくなりましたが、今後の活躍
と勇気をいただける行動、言動お願いします。郷土は同じ
石川で大変親近感がわきます。

投稿: ひで | 2014年1月20日 (月) 09時31分

ひで さん
ブログ見て頂いてありがとうございます。
片耳失聴の原因は、当初は分からなかった。耳鳴りがしてから1ケ月ほどして医者に行ったら、発症した時にすぐ来ないと分からない、治しようが無い、と言われた。
そのまま放置しておいたら耳鳴りが段々大きくなり、低音から聞こえなくなり、10年位で低音も高音も全く聞こえなくなった。
今、振り変えると原因はストレスですね。
この20年は、日本の失われた20年と合致します。仕事も3回変わった。
2度は全くやったこともない仕事です。
その度にストレス。夜中にストレスで足が引きつることが何度もあった。
新しい仕事に対応するため、通信制大学院に行っていたのですが最終試験の時、2夜付けで集中して勉強した。試験中はなんともなかったが、試験が終わった途端に耳鳴りがひどくなり わ~ん わ~ん と唸るように鳴りだした。ストレスが原因だったと思います。

その後、何年かして、ぐるぐるめまいで倒れて遅発性内リンパ水腫であることがわかった。その直接原因はストレスであることを知った。

それ以降、心の持ち方を「頑張らない」「楽しみを優先」に切り替えたら、耳鳴りも進行しなくなりました。

投稿: がまがえる | 2014年1月20日 (月) 19時53分

ありがとうございます。
なるべくストレスを貯めないよう、仕事にむかうとします
ご自愛ください。

投稿: ひで | 2014年1月20日 (月) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 過疎の村の英雄 | トップページ | 幸せとは何だろう »