« 白山眺望ツーデーウォーク | トップページ | “ライラック”に乗る »

2010年6月23日 (水)

ウマノスズクサ

Dvc00066 夏から秋にかけて梯川堤防沿いを歩いているとジャコウアゲハ(黒蝶)によく出会う。
ジャコウアゲハの幼虫はウマノスズクサを食べて食べて成長する。
堤防にウマノスズクサを保護する看板が立っているので、よく見るとウマノスズクサがあちこちに生えている。
右の写真は、ウマノスズクサの茎とりついているジャコウアゲハの幼虫です。
 
 

Rimg0083
ウマノスズクサの花は金管楽器のチューバのような大変変わった形をしている。
熟した果実が馬の首にかける鈴に似ているのでこの名前が付けられたそうです。
花に生える毛は内側を向いていて一旦入った昆虫は後戻りが出来ない。花の付け根に球形のふくらみがあり、誘導された虫はこの中に閉じ込められる。花粉が出来て花が萎れて、花粉をまとった虫はやっと解放される仕組みになっている。
Rimg0084
右は花を上からみた写真です。

|

« 白山眺望ツーデーウォーク | トップページ | “ライラック”に乗る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白山眺望ツーデーウォーク | トップページ | “ライラック”に乗る »