« 鶴仙峡の紅葉 | トップページ | 紅葉狩り »

2009年11月 6日 (金)

梯川の”しらさぎ”

0911rimg0220 数日前より、梯川沿いを歩いていると、しらさぎ が集まっている光景に出合う。
これまでは、縄張りを持つように100米間隔位で一羽ずつ立っていたのだが、どうしてだろうか。先日の台風で雨が降って川が増水した影響だろうか。
調べてみると、鳥図鑑にはしらさぎという鳥名はない。しらさぎ とは、サギ科の中の体の白い鳥の俗称である。梯川のしらさぎは体の形からサギ科の中のタイサギという種類のようである。
タイサギは、しらさぎ の中では漂鳥だそうで、夏は山地にすみ冬は定地に移動する。どうもその関係ではなかろうか。
0911rimg0215  

 サギは、川の中にジッー突っ立って川魚を見つけると、長いくちばしで捕獲、素早く呑み込んでしまう。一度その光景に出合ったことがあるが、タイミングの関係で写真にはなかなか撮れない。

 
  

0911rimg0224

 タイサギは警戒心が強く、堤防の上を歩いているときは平然としているが、立ち止まってカメラを向けた途端に飛び立ってしまう。
飛び立った行き先を見て気がついたが、反対岸にこんもりした林があり、ここがサギ山と呼ばれるコロニーになっているのではないだろうか。

|

« 鶴仙峡の紅葉 | トップページ | 紅葉狩り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鶴仙峡の紅葉 | トップページ | 紅葉狩り »