« コマツ大阪工場 | トップページ | キリン北陸工場の閉鎖に思う »

2009年10月24日 (土)

ハーマンモデル

22日、今月の北陸経営品質フォーラムで「ハーマンモデル」の紹介を受けた。

⇒ ハーマンモデル

なんだか血液型やエニアグラムの性格判断のような気がしたが、ハーマンモデルとは、ノーベル賞科学者ロジャー・スペリーなどの最新の大脳生理学の研究成果をもとにGEの能力開発センター所長であったネッド・ハーマンが開発した人の「利き脳」を知るための手法だそうだ。

IT業界では、プロジェクトマネジメントでメンバーを人選するときに、ハーマンモデルを使っているそうだ。
また、場面に応じてハーマンモデルを参考に役割を決めているとのこと。

その他、最近は職業安定所が、学生の就職活動に当って、適性を見るのも使っている。
自分の型を知ることによって、相手を理解しコミュケーション向上にも役に立つ。
ふざけた?話では、恋愛診断にも使っているそうだ。

自分は、研修会の簡易診断シートでやってみたが、どちらかというA(論理的)が強いが、4つともバランスがとれた形になる。

ネット上の無料簡易診断は下記にありますので、興味のある方は試しにやってみてください。

株式会社センシンBPI研究所の簡易診断

知の経営:IRKB-CHIの簡易診断

興味をそそるテーマだが、これだけでは、余りよくわからないので、アマゾンでネッド ハーマン (著)「ハーマンモデル―個人と組織の価値創造力開発 」を買いました。
どんな風に使えるのか、これから、もう少し勉強します。

|

« コマツ大阪工場 | トップページ | キリン北陸工場の閉鎖に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コマツ大阪工場 | トップページ | キリン北陸工場の閉鎖に思う »