« 春近し | トップページ | カタクリの群生スポット »

2009年4月 3日 (金)

すみれの花咲くころ

今日は寒気も遠のき、よい天気です。憩いの森まで行ってきました。すみれがきれいです。

0904rimg0119_2

YouTubeで宝塚歌劇団の歌をどうぞ
   「すみれの花咲く頃」 (TCA宝塚スペシャル2007)

(歌詞 白井 鐵造)

春すみれ 咲き 春を告げる       花の匂い 咲き 人の心
春何ゆえ人は 汝(ナレ)を待つ       甘く香り 小鳥の歌に
楽しく悩ましき 春の夢 甘き恋     心踊り 君とともに 恋を歌う春
人の心 酔わす そは汝 すみれ咲く春  されど恋 そはしぼむ花 春とともに 逝く
  すみれの 花咲く頃           すみれの 花咲く頃
  始めて 君を知りぬ           始めて 君を知りぬ
  君を思い 日ごと夜ごと         君を思い 日ごと夜ごと
  悩みし あの日の頃           悩みし あの日の頃
  すみれの 花咲く頃           すみれの 花咲く頃
  今も 心奮(フル)う            今も 心奮(フル)う
  忘れな君 我らの恋           忘れな君 我らの恋
  すみれの花 咲く頃           すみれの花 咲く頃

子どものころ、スミレは道ばたによく咲いていた。しかし、今は道ばたではめったに見かけない。道ばたに咲いているのは外来植物のヒメオドリコソウだ。

「山路来て なにやらゆかし 菫草」  芭蕉

下の写真は、たまたま空地の隅で見つけたのですが、すみれ、つくし、ヒメオドリコソウが共生している。

0904rimg0112

|

« 春近し | トップページ | カタクリの群生スポット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春近し | トップページ | カタクリの群生スポット »