« すみれの花咲くころ | トップページ | 兼六園の桜 »

2009年4月 5日 (日)

カタクリの群生スポット

0904rimg0167

 カタクリ(片栗) 百合(ゆり)科 撮影場所:小松市正連寺町里山

 

0904rimg0213自宅から3kmほど山手に入ったところに、小松市正蓮寺町がある。北國新聞で「正蓮寺町内会が山野草の群生スポットを作った」という記事を読んでウォーキングがてらに行ってみた。近くまで行って農作業をしているオジサンに「カタクリの群生地はどこですか」と尋ねると、手前の山を指さして
「今は日陰で花は肩を狭めている。午前中に来るとよかったね。おひさまに向かって顔をあげているから。」
と説明してくれた。

0904rimg0166 で、次の日の午前中にもう一度来た。

すごい。もともと雑木林の間に咲いていたものを町内会の人が、山を切り開いて見やすくしてくれたようだ。

この地は、カタクリをはじめ、キクザキイチゲ、ツツジ、スミレの四種類が一面に咲き誇るという。

 

0904rimg0238_2片栗粉は、このカタクリに由来している。

昔はこの鱗茎から抽出したデンプンを片栗粉として調理に用いていたが、近年は片栗粉というとほぼジャガイモから抽出したデンプン粉のことを指すようになってしまった。

 
 

|

« すみれの花咲くころ | トップページ | 兼六園の桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« すみれの花咲くころ | トップページ | 兼六園の桜 »