« せき喘息 | トップページ | 老齢化をむかえた町の夏祭り »

2008年8月 1日 (金)

特急料金の払い戻し

7月28日は金沢の浅野川の氾濫。被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。

28日は午後3時頃から洪水の関係で信号機が故障、北陸線の特急が全線不通となった。
私は、ISO自己適合宣言の外部評価のため29日の昼までに富士宮まで行かなければならない。
駅に問い合わせてもいつ回復するか分からないという。
どうなることか、やきもきしていた。

29日は朝5時半ごろに起きた。北陸線が普通ならマイカーで米原まで行かなければならない。
駅に問い合わせると、開通している。やれやれ(^-^) 

小松発07:04分のJR特急しらさぎ54号に乗る。米原から新幹線に乗り、静岡からワイドビューふじかわ5号で富士宮に向かい11時20分頃に到着する予定だ。

ところが、JR特急しらさぎ54号は定刻通りに小松駅に到着したが、大聖寺駅まできたとき「点検中です安全確認するまでは発車できません」との社内アナウンス、30分位待たされた。
結局、予定の新幹線やワイドビューには乗れず、富士宮に到着したのは12時40分ごろだった。

特急料金の払い戻しは2時間以上遅れた場合と決まっている。あきらめるしかないと思っていた。

30日、仕事の帰りに富士宮駅で、ダメモトでワイドビューふじかわ5号の特急料金の払い戻しを申し込んだ所、駅員が状況を確認し、どこかと電話で相談していたが、結論として料金を払い戻ししてくれた。

どうして払い戻ししてくれたか、よく考えて見ると、自由席特急券の有効期限は2日間なので、利用開始前の特急券の扱いで払い戻ししてくれたんだ。

納得 ヽ(*≧ε≦*)φ

|

« せき喘息 | トップページ | 老齢化をむかえた町の夏祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« せき喘息 | トップページ | 老齢化をむかえた町の夏祭り »