« 桜はまだか | トップページ | カタクリ »

2007年3月31日 (土)

気象庁の気象用語の改正

気象庁が4月1日から、気象用語を追加する そうです。

新たに追加する用語
◆藤田スケール:竜巻等の突風に関する尺度として世界的に利用
◆熱中症 : 高温に対して注意・警戒を呼びかける際に使用
◆猛暑日 : 日最高気温が35℃以上の日に関して用語を新たに定義

どれも地球温暖化に対応したものですね。

 

環境省チームマイナス6のページを見ると、これから100年以内に2~3℃(北日本及ぶ都市部は4℃)上昇するといっている。

また、気温が35℃を超えると熱中症になる人が急増する。

Netyusho

いよいよきたかという感じですね。

どんな人がなりやすいかというと
・脱水症状のある人
・高齢者
・肥満の人
・過度の着衣
・普段から運動をしていない人
・暑さになれていない人
・病気の人、体調の悪い人

予防策は日頃から運動に心がけ、猛暑日の警報が出たときには激しい運動を控える、
ということですね。

|

« 桜はまだか | トップページ | カタクリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜はまだか | トップページ | カタクリ »