« 春近し | トップページ | 能登地震 »

2007年3月23日 (金)

こころ浮き浮き

今日は昨日と打って変わって暖かく晴天。
いつもの散歩コースを一回りすると春の花が咲き始めた。何だか心浮き浮きしてきますね。
今日見た春の花をシリーズで載せました。

Dsc04708

 

中海中学校の裏の山道の山桜。山桜は、葉と花がほとんど同時に開くのが特徴ですね。

東京のソメイヨシノは20日に開花したと聞いたが、当地はまだつぼみ。
気象協会の予想によると開花は3月28日とのこと。

 

Dsc04711 中海中学校裏の土手の堆肥の上に咲いていたリュウキンカ(立金花)。

リュウキンカは中国大陸や朝鮮半島にもみられる多年生草本で、日本では本州・九州の湿原や湿地のやや富栄養な場所に生育しているという。
ミズバショウやザゼンソウを除くと、湿原の植物としてはもっとも早い季節に花を咲かせる植物だそうです。

   

  Dsc04719

梯川中海大橋付近の土手に咲いていた黄色の水仙

黄色の水仙の花言葉は「私のもとへ帰って」「愛に応えて」だそうです。

この色を見ると、何だか分かるような気がします。

   

 

Dsc04723 梯川荒木田付近の川べりにさいていた ねこやなぎ

花が猫 のしっぽに似ていることからこの名前がついた・・ とのことです。

この花を見ると早春・・やっと春がきた、という感じがしてホッとしますね。

そんなことからか、花ことばは 「自由」「努力が報われる」だそうです。

|

« 春近し | トップページ | 能登地震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春近し | トップページ | 能登地震 »