« 晩秋の白山遠望 | トップページ | 見積もりかコンペか »

2006年11月19日 (日)

梯川の鮭の遡上を検証

Sake 今日の新聞に、梯川源流の鍋谷川や木場潟源流の日用川で鮭が遡上しているという記事を見つけた。
右の①は鍋谷川の確認場所、③日用川の確認場所です。
鮭の遡上は北海道、と思っていた。
まさか、あの木場潟をとおって源流まで遡上しているとは。
川や湖の水は随分ときれいになったんですね・・・。

 

  

Dsc04496  今日は小雨だが、早速鍋谷川①にでかけ下八里町の下八里大橋の上から川を見ると、鮭があちらことらではねている。
目に見える範囲で十数匹はいる。
写真を撮ろうと思って堤防に降りると、危険を察知したのか鮭は水にもぐって水面には出てこない。
右の写真は、どうにか撮ったものです。
 
これならば、同じ梯川、他の流域にいるだろうと思い梯川本流を遡って中海まで行ったが鮭は遡上していない。

 

Dsc04502 多分、途中にある堰(右写真)が、邪魔を遡上できないのだろう。
堰もバリアフリーにしてもらいたいものである。

それなら堰のないところ思って滓上川の銭亀橋付近②に行くと、確かに鮭はいる。
生憎、写真が撮れなかったので、新聞社へ渡せないが、新聞のニュースには載っていない第三地点の新発見だ。

|

« 晩秋の白山遠望 | トップページ | 見積もりかコンペか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 晩秋の白山遠望 | トップページ | 見積もりかコンペか »