« ALセッション | トップページ | SOHOクリーションオフィス面接 »

2006年2月19日 (日)

トリノ五輪

オリンピックも後半に入ったが、ここまで日本のメダル獲得はゼロ。
お隣の韓国は7個取っている。

メダルがとれそうにないと感じると、段々とテレビからも遠のく。

人間は楽しいものは見たいが、楽しくないものは見たくない。
これは理屈ではなく、感情の問題。

どうしてこうなった?
少子化の影響で若者の数が少なくなったのに、あれもこれも手を出している。

経営で勝には「選択と集中」が基本。
オリンピックでもメダルをもらうには、国の資源(人、もの、金)を考えて選択と集中が必要でないか。

それとも、メダルをもらうことには期待をかけなくて、参加することに意義をみつけるのだろうか・・・

|

« ALセッション | トップページ | SOHOクリーションオフィス面接 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリノ五輪:

» フィギュア女子、滑走順決まる~トリノ五輪~ [大阪、おおさか、OSAKA]
フィギュアスケート女子のショートプログラムが、いよいよ日本時間22日に行われます [続きを読む]

受信: 2006年2月20日 (月) 11時26分

« ALセッション | トップページ | SOHOクリーションオフィス面接 »