« 片栗(かたくり) | トップページ | 木場潟の桜並木 »

2005年4月10日 (日)

桜とこぶしの体内時計の違い

昨日、今日と憩いの森を散策していて気のついたことだが、昨日はこぶしが咲いていたが、桜はまだ3部咲き程度、それが今日は一斉に開花した。
ちなみに、昨年も憩いの森で写真を取っていたので開花日を調べてみた。
       昨年    今年
 桜    4月3日  4月10日
 こぶし  4月9日  4月9日

ここで、私が考えた仮説です。

桜には体内時計がなくその日その日の温度変化で咲く、こぶしは全体的な温度変化に基づく体内時計で咲くのではないだろうか。
そういえば、昨年夏が過ぎて、寒くなり、また暖かくなったとき桜が春と間違えて咲いていた。

ここ度、ココログNiftyのシステム改正で写真のポップアップができるようになりました。
早速、桜とこぶしの写真をポップアップで掲載してみます。
下の写真の題名をクリックすると、拡大写真が出てきます。

  白こぶしの花    紫こぶしの花   商業高校横の桜   憩いの森の山桜
 DSC02758s DSC02872s DSC02822s DSC02851s

|

« 片栗(かたくり) | トップページ | 木場潟の桜並木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜とこぶしの体内時計の違い:

« 片栗(かたくり) | トップページ | 木場潟の桜並木 »