« うさぎと亀 | トップページ | あじさい »

2004年6月21日 (月)

クレソン

今、木場潟公園の水質浄化の区画でクレソンやわすれな草が盛りとなっている。
3年ほど前、通信制大学院のフィールドワークで、湿地植物による水質浄化で効果を上げている霞が浦に行き市民団体の方に、あさざプロジェクトやクレソンによる水質浄化の活動事例を見せてもらった。
公共便所の排水まで湿地植物で浄化し、還流しているのを見せてもらい大変感心して帰ってきたことを覚えている。
霞が浦では、クレソン、ケナフ、あさざが主な浄化植物であったが、その後しばらくして、木場潟でもクレソンによる水質浄化が取り入れられた。
クレソンを見ると霞が浦の説明の方が「クレソンは水質浄化能力はが強い植物です。別名朝鮮せりとも言われ、少し苦味があるが肉料理に合う。私たちは、夕方ここからとっていって食べるんですよ」といっていた言葉を思い出す。
木場潟では、クレソンを食用にとって行く人は見かけない。これは市民運動主体の活動と、官主体の活動の違いによるものだろうか。
   ↓水質浄化区画のクレソン         ↓わすれな草
 DSC01242.jpg  DSC01217.jpg 
                 
ご感想をどうぞ! ▼ 下のコメントタブをクリックして下さい ▼

|

« うさぎと亀 | トップページ | あじさい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クレソン:

« うさぎと亀 | トップページ | あじさい »