« シベリヤに帰らないカモ | トップページ | 春山菜を食べる »

2004年5月 4日 (火)

九輪草

憩いの森の林の一画に渓流を流した場所があって、今丁度、一面ピンク色のお花畑がある。
丁度、管理人のおじさんがいたので聞いてみた。
「これはなんという花ですか」
「これは、九輪草といって、花の輪が九段になっていることから名づけられたものです。山の湿った林の中に植生しているんですよ。」「さくらそうの一種です。ほら、その横にあるのがさくらそうですよ。」
おじさんが、自分で植えたもので、聞かれたのが、いかにも嬉しそうに答えてくれた。
 ↓九輪草 喋々がとまって蜜を吸っている(写真真ん中)
 kurinsou.jpg sakuraso.jpg
                                    こちらは さくらそう↑

|

« シベリヤに帰らないカモ | トップページ | 春山菜を食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九輪草:

« シベリヤに帰らないカモ | トップページ | 春山菜を食べる »