« 2016年3月 | トップページ

2016.04.08

小型家電のお得な廃棄方法

 平成25年4月より「小型家電リサイクル法」が施行されて3年目になる。
家電リサイクル法はテレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機の大型家電4品目に限られており、小売業者が回収して製造メーカーがリサイクルするという流れになっている。
 一方、「小型家電リサイクル法」は、法規制により対象となる全廃棄品で回収するのではなく、経済メカニズムによって回収する仕組みになっている。
 回収は、自治体(市町村)が回収して認定事業者がリサイクルを行う。ちなみに、地元小松市の回収は、大きなものは電気機械という区分けになっていて事前に1品目ごとに「大型ごみ処理券(500円)」を購入しなければならない。また、小さなものは破砕ごみ扱いになっていて破砕して鉄分だけは回収するが、金、銀、銅、レアメタルは回収されていない。小型家電リサイクルの目的は金、銀、銅やレアメタル等の枯渇する資源をリサイクルすることにあるのだが、残念なことだ。なお、小松市の対応方法は全国どこの都市と比較しても大差がないらしい。

Figf01

 パソコンを廃棄するときは「資源有効利用促進法」に対象になり家電販売店等で「リサイクル券(ゆうパック伝票)」を購入しなければならない。デスクトップパソコンを1台廃棄するときは本体3,000円、モニター3,000円の合計6,000円がかかる。

 所が、小型家電の対象品目は、電気機械器具、通信機械器具、電子機械器具、電子計算機、電球・電気照明、光学機械器具、時計、ゲーム機、事務用機器、医療機器、楽器、電子玩具、電動工具、付属品・・・全部で96品目あり、その中には、パソコンも含まれている。

これらを廃棄するとき、小型家電リサイクルの認定事業者に直接持ち込むと、リサイクル券を購入する必要がなく、逆に買い取ってくれる。また、銅やレアメタル等の資源も回収してリサイクルするしくみになっている。

続きを読む "小型家電のお得な廃棄方法"

| | コメント (0)

2016.04.07

ISO9001:2015 内部監査チェックリストサンプル

 先にISO9001:2015/ISO14001:2015統合マニュアル(業務マニュアル)のサンプルを公開しました。
 しかし、このサンプルは製造業の小企業に焦点をあてたものであり事業規模が違ったり、業種が違うと若干合わない点があるかと思います。

⇒ ISO9001(2015年版)改正のポイントと統合マニュアル改定文例(解説)

⇒ ISO9001/14001 (2015年版)統合マニュアル及び文例集

 また、2015版への移行審査に際しては、移行前に2015年版に対応した内部監査とマネジメントレビューを実施しておくことが要求されています。

 この両方の観点から、主としてISO9001:2015年版ヘの移行前の内部監査に焦点を当てた内部監査チェックリストを公開しました。

⇒ ISO9001:2015年版移行内部監査チェックリストサンプル集

 品質マネジメントシステムをISO9001:2015年版へ移行するときの参考として、また、ISO9001:2015年版 移行審査前に内部監査用としてご活用いただくことを期待しております。

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ