« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013.03.27

“幸せだ”と思うことが良い結果を生む

 1年ほど前、日経ビジネスオンラインでアメリカではポジティブ心理学が大人気という記事をみた。その記事によると、2002年にペンシルベニア大学のセリグマン教授の自著『オーセンティック・ハピネス(ポジティブ心理学が教えてくれる満ち足りた人生』がベストセラーとなり、その後ハーバード大学の「ポジティブ心理学」が最も人気のある授業となったと紹介されていた。
その直後、ハーバード大学で、ポジティブ心理学の主任講師をしていたショーン・エイカーさんが「幸福優位の7つの法則」を発刊し、その書評が日経BPに掲載されたのをみて面白そうだと思って買ったが、時間がなくて積読の状態でした。
今年に入って取りだして読んでみると心の持ち方について意外と役に立つことが書いてある。

先ず幸福とは何か、エーカーさんは幸福とは「自分の可能性を追求して努力する時に感じる幸せ」と言っている。
50年程前、小松高専時代、教養講座で
 幸福とは Y=aX
  ここでdy/dx すなわち目標に向かって努力している状態が幸福なのだ。
 と習ったことを思い出しました。
このこと自体は、別段新しい知見ではない。

しかし、その次の成功と幸福に関する記述がこれまでの常識を覆す内容であり、重要なポイントです。
私たちは、「努力すれば成功する。成功すれば幸せになれる」
という順番で考えてしまいがちです。
しかし、それは間違いです。

成功した結果として幸せになるのではない。幸福なポジィティブな気持ちを持っていることが結果として成功する。

エイカーさんは1600人のハーバード大学生と、 フォーチュン500に選ばれた世界的大企業10社を対象に行った研究で、これを実証している。

そこで、どうやってポジティブな感情を持ち続けることはできるか。そのノウハウが幸福優位の7つの法則です。
調査結果によると、日頃ポジィティブな(幸福な)気持ちで生活している人と、そうでない人では平均寿命で9.4年の違いがあるとのことです。
今更という感じもしないが、ピンコロ願望の自分には役に立つ内容で実践したい。
以下にそのさわり程度ですが紹介します。

続きを読む "“幸せだ”と思うことが良い結果を生む"

| | コメント (0)

2013.03.05

メルマガ“nsweb通信”終了のお知らせ

 2004年11月にメルマガ“nsweb通信”第1号を発行して以来、8年間第73号まで、皆様にご愛読いただきありがとうございました。
開示当初は、購読者は僅かでしたが最近は購読者212名の方に増えておりました。
ありがとうございました。 ((+_+))
残念ながら、利用していたメルマガ配信会社のマリンネットがサイトを閉鎖してしまい配信ができなくなりました。
本来ならば、各購読者にお伝えすべき所、どなたが購読されていたかは個人情報の関係で当方に伝えられておらず連絡がとれません。
本ページをもって終了の連絡に替えさせていただきます。
 なお、私のブログにつましては、発行の都度、下記のTwitterでタイトルを発信しておりますので、Twitterを購読いただければ、今後ともメルマガと同様に読んでいただくことができます。
私の場合、Twitterでつぶやくことはありません。
ブログ発行の連絡だけにしか使っておりませんので、ブログと関係ない余分なメールは届きません。

ツイート名:がまがえる
       
ブログを開くときは、Twitterの
  ブログタイトル「 http://bit.ly/・・・」
  の「 http://bit.ly/・・・」の部分をクリックするとブログが開きます。

| | コメント (0)

2013.03.03

カーボン・オフセットは役に立つか

Offset01 2月27日、金沢市尾山町の石川県文教会館で農林水産企業環境対策協議会と環境省中部地方事務所の共催による「カーボン・オフセットによる地位づくりと環境貢献のすすめ」セミナーに参加しました。
参加者は主として石川県、福井県の市や地域の環境関係担当者、企業の担当者、環境カウンセラーなど60名程度です。
内容はカーボン・オフセットの制度の説明と事例紹介です。
 環境貢献を金銭でやり取りする制度には、排出権クレジット、カーボン・オフセット、グリーン電力証書などがある。
これらの構図は以下のようになっている。

Offset02  図 全体の構図 【出典 (財)日本エネルギー経済研究所 2009】

上図で、クレジット制度とJ-VERは今年システムが統合され新クレジット制度となる。現在そのホームページが立ちあげられている。
⇒ 新クレジット制度

 私はこれまで、カーボン・オフセットは役に立つ制度だ、と思う一方、環境貢献を金銭でやり取りする制度は、環境貢献の意思とは縁のない人間の欲望の上に成り立っているようで、なんとなく胡散臭い感じがして頭の整理がつかずモヤモヤした気分でいた。今回参加して感じたことは、カーボン・オフセットとは、クレジットという道具を用いてお互いのニーズを充足する制度で、特定の条件が揃えば役に立つ仕組みであると感じました。

続きを読む "カーボン・オフセットは役に立つか"

| | コメント (2)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »