« 工場立地法の改正 | トップページ | 強いものは生き残れない »

2010.08.18

緑のカーテン、その後

Rimg0110 暑い日が続きます。今日は朝の涼しいうちに、希望丘町内のグリーンカーテンコンテストのうち、ノミネートされて20戸の写真を撮って歩いた。
全部で32戸あったのだが、今年は猛暑の関係で、朝顔を直植えの家庭は大丈夫だったが、プランタンに植えた家庭の半数位は枯れかけていてノミネートを辞退された。
右は升崎さん家のグリーンカーテンですがよくできています。

Rimg0189 さて、我が家はどうかというと、朝顔・ゴーヤ・ヘチマの3種類のカーテンを作った。
育ち具合が悪く、どう見てもうまく言ったとは言えない。やはり日頃から園芸をやっている人にはかなませんね。プランタンが小さすぎて水が切れ目なくいきわたらなかったのと肥料のやり方下手だったのが原因だと思います。
それでもこれまでお長ゴーヤ(苦味のあるもの)が8ヶ、純白ゴーヤ(苦味がなくサラダ用)が5ヶ収穫できました。
Rimg0197 上の写真の左はゴーヤ、右の2階まで伸びているのがヘチマです。
右の写真は、そのヘチマのカーテンを2階の仕事部屋から撮ったものです。
ある調査結果によると、このような緑のカーテンがあるのとないのでは室内の温度が2~3℃違うというから、これで2℃程度の省エネ効果があったのではないかと思います。その点では満足しています。
また、窓を見ていると蜂・蝉・小さい虫などがヘチマの葉に飛んでくる様子がよく分かり気持ちが癒されます。

|

« 工場立地法の改正 | トップページ | 強いものは生き残れない »

d 省エネルギー・新技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 工場立地法の改正 | トップページ | 強いものは生き残れない »