« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010.06.17

QMSの有効性の内部監査 その2

 5月に「QMSの有効性の内部監査」というブログを書きました。
その後、6月13日に「MSを効果的に審査する」というテーマで開催された第9回IRCA国際フォーラムに参加しました。
IRCA国際フォーラムの開催場所はパシフイコ横浜で参加者は約300名でした。
以下はプログラムの内容です。
・マネジメントシステムの有効性を審査する-認定・認証制度の視点から-
  JAB 認定センター 部長 生駒 雅和 氏
・マネジメントシステムの有効な審査とは-審査人のコンピタンス-
  LRQA ジャパン 特別技術顧問 星野 矩之 氏
・内部監査における有効性-内部監査はどう変わるべきか、課題は何か-
  キヤノン株式会社 品質本部 青木 明彦 氏
・適合性審査、それとも有効性の審査か
 -正しい審査アプローチを選択し、マネジメント情報として最大の価値を提供するにはどうすればよいか-
  Capable people 代表取締役 Mr. Shaun Sayers
・審査活動への警鐘
 -単なる 適合性の確認はもはや容認できない。審査員はプロセスアプローチを用いるべきである-
 Business Standards Architects, Inc 社長 Mr. Paul Palmes

 フーラムの議論の大筋は私の先に書いたブログ「ISO認証審査の最近の動向」「有効性監査ができる内部監査員を養成する」「QMSの有効性の内部監査」とほぼ同じでしたが、今回、新たに紹介のあったことや気づいたことについて紹介します。

続きを読む "QMSの有効性の内部監査 その2 "

| | コメント (0)

2010.06.14

スーパーホテルに宿泊して

  株式会社スーパーホテルは2009日本経営品質賞の中小企業部門を受賞会社です。
6月3日、福井経営品質協議会の記念講演会 株式会社スーパーホテル会長 山本梁介氏の「『ITと感動のホテル革命』~真のお客様第一主義~」を受講しました。
日本経営品質賞の受賞の理由は「日本経営品質協議会 2009年度受賞組織」に詳しく掲載されています。
このページによると、受賞審査では、以下の点が高く評価されています。
・独自のビジネスモデルを基盤としたローコストオペレーションサービス改廃実践
・本部の協力体制による各部門間で連携性を発揮した店舗支援の展開
・各店舗の運営計画立案支援における標準化と戦略策定ツールの開発と運用
・経営品質向上会議による組織全体を踏まえた各部門の活動や目標の選定と成果の共有 

3日に、この講演を聞いた後、12日に横浜まで行く予定があったので、スーパーホテル新横浜に宿泊しました。
宿泊コースは、ビジネスシングル・禁煙・朝食付きで、価格は6980円でした。
以下、講演と宿泊を通して私が感じたことを紹介します。

続きを読む "スーパーホテルに宿泊して"

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »