« 環境マネジメントについての○○県職員研修 | トップページ | ISO審査員に必要な力量 »

2008.05.28

コープ北陸の食の安全

 今日は北陸経営品質フォーラムでは、「コープ北陸の食の安全・安心に対する信頼回復の取り組みについて」というテーマでコープ北陸事業連合・安全政策室・室長・合川隆氏の講演をお聴きした。

ギョーザ事件の経験を踏まえてコープ北陸が食の安全・安心にどう取り組んできかというお話であった。
コープでは安全・安心を以下のように定義つけている。

科学的評価により決定   安心できる食品提供する努力
          |     |
         安全 + 信頼
             ↓
             安心
             |
         個人の心理的判断

この基本的考え方に従って「4つの安全確認業務」についての紹介があった。

1.仕様書点検
 毎月、新規企画品とリニューアル商品の仕様書を、表示や食品添加物の観点から確認する。

2.工場点検
 専門の調査機関に委託し年間約250ヶ所の工場について、品質管理、製造工程管理、衛生管理の実施状況を確認し指導してもらっている。

3.商品検査
 工場から出荷した食品から、週に約250品目を選んで微生物検査、理化学検査(残留農薬・DNA識別など)を実施している。
理化学検査については石川県立大学との共同研究でポジィティブリストを完成させた。
また、製品検査ではギョーザ事件反省から、梱包状況の異常の有無も点検項目に追加したとのことでした。

4.組合員対応
 組合員相互でクレーム情報・意見を一括管理できるVoiceシステムを整備している。
ある商品について類似のクレームが二つ以上発生したときは、工場や取引先に原因調査と再発防止対策を依頼し、その情報を組合員に流している。ちなみに、クレームは年間7,500件、農産物が多いとのことでした。

以上の対策のための費用、以前は年1.2億円であったが、現在は1.5億円になっているという。コープ北陸の売上高比では、0.7%程度だろうか。

かなり、キチンとやっているという印象を受けました。

だだ、お話の中で日本の食糧自給率は現在40%である。コープを利用していただくことが自給率向上につながるとの言うくだりがあった。
それは、そうかも知れません。そこで私は、
「自給率を言うならば、売れ残ったものを棄てる(食品リサイクルに回す)のではなく、売れ残らないような取組も必要ではないか。この点について、どのような取組をしておられますか。」
とお尋ねしたところ、的を得た答えが返ってこなかった。

食の安全は現在の消費者のニーズ、自給率の向上や売れ残りを減らす活動は、将来の世代からのニーズです。
経営品質というのならば、顧客・利害関係者をそこまで広げて活動してほしいですね。

|

« 環境マネジメントについての○○県職員研修 | トップページ | ISO審査員に必要な力量 »

l 経営品質あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 環境マネジメントについての○○県職員研修 | トップページ | ISO審査員に必要な力量 »