« 産業界に対する温暖化防止施策の動き | トップページ | 豊かさに向かって、経済のデカップリング »

2008.03.05

エコアクション21はISO14001よりもキビシイか?

2月29日、3月1日に大阪でエコアクション21力量向上研修会があり、参加しました。
その内容は省略しますが、今年中にEA21ガイドライが変わるようです。
エコアクション21は環境省が推進している関係からか、我国の環境政策と密接につながり複雑になってきているようです。
一例ですが、国内でも数年後に中堅企業以上に温暖化ガスの排出枠が設定される方向で準備が進められている。
(現在自主参加型の国内排出量取引制度をテスト中で、この結果を踏まえて2013年度より排出量取引制度が施行されるらしい)
中堅企業が自社内で改善できない分は、中小企業を支援してもその分を排出削減に認める。また、余剰或いは不足した排出量の売買も行われる。この排出量取引において中小企業が排出削減をしたかどうかの検証の手段として、EA21を活用しようとしているようです。

また、運用面では、ISO14001よりも厳しいところがある。

ISO14001は、環境側面の特定という点がかなり面倒です。反対にエコアクション21はこの点が簡素化されていますが、適用範囲の設定、環境パフォーマンスの選択、情報公開については柔軟性がなくISO14001の基準よりも厳しいようです。

以下、比較です。

■ 適用範囲の設定
◆ISO14001(IAF RE300 認証登録の範囲) 
○当該EMSでカバーしている事業活動の経営層が:
・EMSに係わるすべての環境側面及びそれに伴う影響に対する責任を実証できること。
・環境方針及び目的・目標・実施計画の設定などの面で,実行・維持の決定権限があること。
・環境管理及び改善に適切な財政的及び人的資源を配分する権限をもつこと。
○登録の対象となる活動を明確に特定すること。

◆エコアクション21(認証登録手続き規定)
○認証登録に当たっては、極力、全社、全組織、全ての活動を対象とする
(内容別の詳細基準あり)


■ 環境パフォーマンス(目的・目標)の扱い

 エコアクション21では、業種別にマニュアルが作成され、すべきことが明確に規定されている。
以下は建設業の例です。

ISO14001の環境側面特定の要求事項 建設業における主な該当事項
---------------------------------------------------------------------------
ISO14001 4.3.1 
・組織が管理できる環境側面(活動中心)――→  A.エコオフィス活動
                                 (紙・ごみ・電気・水)
                        ﹂――→  B.工事の効率向上
                              (省エネ・副資材の歩留向上)                        
・組織が影響を及ぼすことができる環境側面――→ C.環境配慮型製品の設計
 (製品・サービス中心※)                  新技術の開発
・新規の開発、新規の活動、製品及び           ↑
  サービスの環境側面            ――――

ISO14001 4.4.6c                        ※
・組織が用いる物品及びサービスの著しい環境――→ D.グリーン購買
側面 → 請負者に要求事項を伝達すること。  ―――
                                 ↓
ISO14001 4.3.2                        ※
・法的要求事項を特定し環境側面に適用すること。→ E.工事に関わる環境配慮
                                   (騒音・建設副産物の処理
                                       ・景観・省エネ等)
--------------------------------------------------------------------------  
これらの環境側面の仕組みへの展開
--------------------------------------------------------------------------
ISO14001の要求事項
・継続的に改善するものと、管理するものに分ける。
 (その決定に際して考慮すべき事項がISO14001 4.3.3に定められている)
・改善するものは目的(中期目標)、目標(年度目標)に織り込む。
・中期目標は、方向提示型でも可とするが、年度目標は数値化すること。
・管理するものは手順に織り込む。
-------------------------------------------------------------------------
エコアクション21(建設業マニュアル)の要求事項
・A~Eについて、該当するものを中期及び年度の数値化目標に設定し継続的に改善すること。但し、C、Dにつての目標は、最初は方向提示型でも可とする。
・その結果を環境活動レポートで公表すること。
-------------------------------------------------------------------------

以上を見ていただくと分かると思いますが、エコアクション21の方が柔軟性がなく、キッチリやらないと認証しないという要求が現われていますね。

そんな関係からか、ISO14001認証取得された事業所を見ると、そのレベルは千差万別ですがエコアクション21は、どれも同じようなレベルのように感じます。

|

« 産業界に対する温暖化防止施策の動き | トップページ | 豊かさに向かって、経済のデカップリング »

a ISO裏話:ISO14001」カテゴリの記事

b エコアクション21」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 産業界に対する温暖化防止施策の動き | トップページ | 豊かさに向かって、経済のデカップリング »