« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007.12.21

サービス業の本業エコ

以前より、ISO14001は「本業に生かすマネジメントシステムに落とし込み、環境活動を活発にすることが大切である」と言われており、2004年改訂では、特にそのことが強調されるような文面に変更された。

少し古くなるが、日経エコロジーが2006年3月にISO14001の認証取得済みの会社300社に対して「本業での環境負荷低減に効果を上げているか」をアンケートしたところ、「成果を上げている」と答えた事業所は製造・エネルギーでは約4割、流通・外食・商社では約2割であった。
まだまだ、紙・ごみ・電気・水が中心で本業での環境負荷の低減にまでは至っていない。

製造業の本業での環境負荷低減は
「生産能率の向上によるコストの低減」「グリーンマーケッング(環境を配慮した開発・販売)」を推進していくと自然と環境負荷が低減される。
このことは、先のブログ「生産能率の向上と二酸化炭素排出量削減の関係」で紹介させていただいた。

しかし、サービス業となると中々難しい。
よくある例としては、商社・販売店などで仕入れ先と連携して「製品アセスメント委員会」を発足させ、仕入れ先メーカーを巻き込んだグリーン購買を行うという活動である。
これは、確かに本業エコである。
しかし、その実行部門は購買部門であって、全社としての本業エコにまでは至っていない。

日経エコロジー2007年1月号には、学習研究社が「貴社の環境広報活動を学研がお手伝いします」パンフレットを発行し、学研の雑誌とのタイアップ広告、企業用小冊子の発行、ウエブ作成など本業の中で支援活動を行っている事例が紹介されていた。
これは、成功例のひとつだろう。

昨日、北陸経営品質フォーラムで石川リコーさんより、リコー中部経営企画室の竹下氏をお招きして「エコひいき」というリコー中部の販売業における本業エコの事例を紹介していただいた。
これもなかなかユニークな活動ですね。

続きを読む "サービス業の本業エコ"

| | コメント (0)

2007.12.17

環境マネジメントシステムの段階的構築

2005年より認証開始されたエコアクション21の認証登録が12月13日現在で2030件となった。
この増加のペースはISO14001の認証登録よりも早いように見える。
しかし、全国の中小企業150万社の中では微々たるものである。

増えない理由は、小難しい・お金がかかる・時間がかる、といった抵抗感ではないだろうか。

これは世界全体でも同じことで、EUでも中小企業へのEMS普及率は0.5%以下である。
EUは2004年に「中小企業にEMSを普及するための公共政策」という報告書をまとめ様々な政策ミックスを活用した普及促進を目指しているとのこと。
その一つが「EMSの段階的適用の指針」である。
この指針がISO14005「環境パフォーマンスの評価を含むEMSの段階的指針」作成の発端となっている。
 (下線部要注意)
ISO14005は現在CD(コミティ・ドラフト)の段階で、2010年国際規格として発行の予定である。 

続きを読む "環境マネジメントシステムの段階的構築"

| | コメント (0)

2007.12.05

金沢エコ大賞

金沢市には、毎年、環境負荷低減のための調査・研究・開発(製品)や独自の創意工夫による環境保全への取り組みが優秀な事業所を表彰する、かなざわエコ大賞という制度がある。

今日は寒い日だが、運動不足なので久しぶりに憩いの森を散歩してると、突然携帯電話が鳴った。
誰だろう思って出ると
「お陰様で金沢エコ大賞をもらいました」
という少し興奮気味の声、北陸地建の常務さんからだった。
森の中、誰もいないのが幸い。
自分が何をした訳でもない。応募するよう勧めただけなのに、嬉しくなって、思わず大きな声で「バンザイ!バンザイ!」。

「北陸地建」さんは、エコアクション21の審査に出向いた時、社長・専務・常務さんの環境への取り組み姿勢が素晴らしいと感じていた。
金沢市内という地方都市にあって、重機へのキリンマークや人型マーク表示、器材置場の工夫などの都市景観に配慮した土木工事を推進されていた。
また、作業所の全社員が紐のついたエンジンキー使用しアイドリングステップの徹底を行っていた。重機についてもアワメータあたりの燃料使用量データをとり燃費改善に取り組んでおられた。

まだ、公式発表がないので、何が評価されたのか分らないが、先ずはおめでとうございます。

金沢エコ大賞については、昨年も自分が応募するよう勧めた「植宗園」さんが、社会貢献特別賞を受賞されている。
植宗園さんは江戸時代から何代も続く伝統的ある植木屋さん。
何代にもわたって、日本三庭園の一つ兼六園の植木管理を手伝ってこられた。
地元の薬草や植物の生殖について知識も深い。
私がエコアクション21の審査にお伺いしたとき、社長さん自ら石川県内の森林に生息する植物を紹介する冊子を自費出版し官庁関係者や一般市民に配布し、日本固有、地元古来の植物を大切にする重要さを啓発されているお姿を見た。
今時、このような方がおられるのかと大変感心し、エコ大賞の主旨とは、少し違うが応募するよう提案させていただきました。

自分が何をした訳ではないが、お勧めした事業所が受賞されると、嬉しいものですね。

| | コメント (0)

2007.12.03

福井経営品質協議会の企業視察例会

11月29日、福井県経営品質協議会の11月例会企業視察会に参加させていただきました。
参加者は18名、福井県の中小企業の経営者やコンサルタントの方17名、石川県からは私が唯1人参加しました。
福井県の参加者の中には、昨年度の日本経営品質賞受賞企業の福井キャノン事務機㈱や、今年度の受賞企業の福井生活協同組合の推進担当者もおられる。

経営品質後進国の石川県からの参加者としては、少し肩身が狭い思いですが、福井県の皆さんがどんな活動をしておられるかも含めて参加させてもらいました。

続きを読む "福井経営品質協議会の企業視察例会"

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »