« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007.09.29

家庭における省エネ意識の現状

地球温暖化防止に関して、家庭部門と業務部門の二酸化炭素排出量が継続的に増加している。
全国的にその対策が進められつつあるようですが、石川県では、その啓蒙のため「県民エコライフ大作戦」という活動をしている。

その内容は、9月10日(月)~9月16日(日)の一週間、省エネ9項目、省資源7項目の取り組み項目を各人(各家庭)が、実施したかどうか ○ をつけ、その結果から二酸化炭素を何グラム削減したかを集計し、県のエコライフ大作戦事務局に報告公表するという企画である。

私は、たまたま地球温暖化防止推進員をさせてもらっているので、8月中旬、その活動への参加を地域の事業所や家庭に呼びかけてほしい、という依頼がきた。

ISOのコンサルやEA21の審査をさせていただいて、昨年まだ参加されていない事業所様37社に依頼状を出した。
その後、仕事の関係で依頼状を出した会社3社を訪れた時に確認すると、どの会社でも「エコライフ大作戦参加事業所」というポスターを貼ってあり、実施されている様子が伺えた。
予想以上で、これらの事業所様はISO14001やEA21の認証取得事業所が殆どで、もともと環境への意識も高いのだろう、と感心とともに嬉しく思いました。

ところで、自分の町内の各家庭へはどうしようか。
自分の町内は40年ほど前に造成された主として勤労者が中心の団地である。
以前は子どもも多く、町内会活動も盛んであったが、今は高齢者中心の団地となり町内会活動もあまり盛んではない。
自分自身も、町内会活動に余り熱心ではなく、役員もしていない。
(=_=) 町内の皆さん、どうもすみません。

どうしたものかと思案した末、町内の環境委員の方に事情を説明し、町内会で実施するよう取り計らってほしいと依頼した所、町内で協力してもらえることになった。

実際やってみたところ、その回収率が大変悪く、その内容にも?? という現状が浮かび上がった。

現在のエネルギーシステムは
「勤勉な供給者が、怠惰な消費者を養成しているようなもの。電気やガスの供給が非常に巨大なシステムゆえに、一人ひとりの市民の理解が及ぶ範囲を超えてしまい、スイッチの向こうで何が起きているのか、全く分かっていない。」
という表現がありますが、その通りと実感しました。
いや~、これは自分の家庭を含めての実感です。

以下は自分の町内の実施結果の分析です。

続きを読む "家庭における省エネ意識の現状"

| | コメント (2)

2007.09.25

Excel2007でのパレート図作成手順

先日あるお客さんで「ExcelによるQC7つ道具」の研修をさせていただいた。
ところが、Excel2003ではできたパレート図がExcel2007では作成できない、というトラブルが発生した。
実はExcel2007をもっておらず調べていなかった。(=_=)

今度Office2007に更新し、調査したところ、新しいExcel2007では、2軸上の折れ線や2軸上の縦棒といった「組み込み」のグラフの種類はなくなっていることを確認しました。
Excel 2007では複合グラフという新しい機能を追加した代わりに、組み込みグラフを削除したのですね。

その後Excel2007でいろいろテストしたところ、Excel2007でパレート図を作成するときは次の手順で行うのがよいことがわかりました。
以前、私の研修を受けられた方に、下記を補足します。

続きを読む "Excel2007でのパレート図作成手順"

| | コメント (0)

2007.09.23

エコドライブ教室に参加しました

Dsc05258今日は石川県環境政策課主催のエコドライブ教室に参加しました。

といっても、その内容は先のブログ「省エネ運転教育の教材」の省エネルギーセンターのエコドライブDVDと同じです。

東京の省エネルギーセンターより、4人の講師が4台の車ごと持ち込んで実地指導をするものです。
省エネルギーセンターでは全国各地でこのようなエコドライブ教室を開催しているとのことです。

プログラムの内容は

受講者の指導前走行
  ↓
講義(これは省エネルギーセンターのスマートドライブDVDと同じです)
  ↓
インストラクターのデモ走行
  ↓
受講者の指導後走行
  ↓
結果レビュー

各車には、燃費が計測できる特殊な計器が付いていて、その場で結果がわかる。
これまでのエコドライブ教室の実施では、
受講前と受講後では燃費が平均24%向上している。

エコドライブについては、一応分かっているつもりでしたが、この講習でより理解が深まりました。

続きを読む "エコドライブ教室に参加しました"

| | コメント (0)

2007.09.21

CS調査の実施と分析

QAA研究会9月例会は「CS調査の実施と分析」というテーマで、9月19日18:00~20:00東京・総評会館で開催された。
講師は日本IBM㈱カスタマー・サティスファクション部長の浅野紀夫氏です。
私は当日当地で、他の要件があったので参加させてもらいました。

当日は140名の会場が満席になり、CS調査への関心の高さを再認識しました。

浅野氏は、長年日本IBMにおいて、20年以上CS調査の実施と分析に関わってこられたそうで、その経験と分析ノウハウを、失敗談や裏話を交えてお話しいただきました。

CS調査というと、顧客アンケートを行って、その結果を総合満足度に対する重回帰分析行い、ポートフォリオ分析を実施する、という手順を思い浮かべます。
私のホームページ「スキルアップ研修-CS調査と分析」にもその手順を紹介しています。

浅野氏のお話では、その手順どおりやっても、分析結果はやる人によってみんな違う。
CS調査と分析を行うときは、顧客のことをよくわかっている人が”適切な仮説”を立てて実施すること。
CS調査の結果は、8割は予測通りの結果が出る。
あとの2割に”おや”と思うことがある。
それは”なぜなのか、その本質は何なのか”をワイワイガヤガヤ討議していくうちに”新たな問題”を発見できる。
それは、自分の感覚・経験・直観・閃きである。
1回目の調査は大抵失敗する、継続的な調査で不適切な質問、仮説の誤り、データの不備を改善できる。

そのために大切なこと
・データを平均値だけで判断するな
 個別データを見る
 データ間の関係を見る
 全体の様子を見る
・データが不適切だったら、意味のある分析はできない
・計算結果から意味を読み取り解釈することで、分析となる。

以上のような主旨でしたが、その内容について事例を交えて説明していただきました。

ISO9001 8.4項では「データの分析」を要求しています。
見るところ、要求事項に対して品質マニュアルでは「QC手法を活用する」といった対応が記述される例が多いようです。
QC手法を活用することも大切ですが、本当のポイントは自分の固有技術を元にその集計結果を考察すること、それが分析ですね。
そのことを再認識させていただきました。どうもありがとうございました。

以下は、自分が”おや”と思ったことに対するキーワードなメモです。

続きを読む "CS調査の実施と分析"

| | コメント (0)

2007.09.13

エコアクション21全国交流大会

Dsc052409月8日(土)午後~9月9日(日)まで、長浜市でエコアクション21全国交流大会が開催されました。
主催者の発表では参加者は450名とのこと。
(右の写真は懇親パーティスナップ)
審査人は3年に1回以上交流大会に出席することが義務付けられている。
私は、昨年の山形の交流大会にも出席しましたが旅行がてら情報収集を兼ねて都合がつく限り毎年参加することにしています。
ちなみに来年は熊本ということでした。

エコアクション21の認証制度は2004年11月より開始、現在1,800件ですが、2009年末には5,000件となると予想されている。
その理由は、京都議定書でCO2排出量削減を定めているが実際には増加している。
大企業については温暖化防止対策法、省エネ法で縛りがかかっており削減の方向に向かっている。しかし、事業者の大多数を占める中小企業への展開の方策が無く、実際にも排出量は増加傾向にある。
そこで、EA21をその梃子にしようとして「美しい星50」の施策の中に盛り込んだ、とのことでした。

以下当日の主な内容です。

続きを読む "エコアクション21全国交流大会"

| | コメント (0)

2007.09.07

「委託製造管理」の認証基準

先日、7年前にISO9001のコンサルをしたお客様より突然電話があった。
認証範囲を広げるのでスポットコンサルをしてほしい。

内容を聞くと、ある製品群の設計開発と委託製造管理を追加したいとのこと。
設計開発については何ら違和感はないが、委託製造管理という認証登録があるのか気になった。
そこでJ○Bの適合者検索で調べてみると226件認証を受けている。
念のため、そのお客様が認証を受ける審査機関に尋ねると「そのようなケースも扱っています。最近増加傾向にありますよ。」との返答でした。

では、委託製造管理の基準は何なのか、と考えてみると
ISO9001 4.1 一般要求事項
要求事項に対する製品の適合性に影響を与えるプロセスをアウトソースすることを組織が決めた場合には、組織はアウトソースしたプロセスに関して管理を確実にすること、アウトソースしたプロセスの管理について、組織の品質マネジメントシステムの中で明確にすること。

という条項があり、この内容についてTC176/SC2より
 「N630/アウトソースされたプロセスの管理に関する指針」が出ている。

続きを読む "「委託製造管理」の認証基準"

| | コメント (0)

2007.09.06

県民環境講座その2

 8月13日に 県民環境講座その1 の紹介をしました。
本来は最初に地球温暖化についての全体的な話があって、その後、各論になるのですが、自分は受講日の都合で各論から先に入ってしまいました。

今日は第2回目の開催で、七尾サンライフプレザまで出かけ、前編の「地球温暖化と私たちの暮らし」について、IPPC WG1 国内委員で 名古屋大学 大学院の井上元教授のお話を伺いました。

平日開催の関係か、参加者は女性が圧倒的に多く、男性は4~5名でした。

「地球温暖化」については、これまで種々のメデアで報じられているので、特別目新しいものはないが、その理論的根拠について伺ったのは収穫でした。

断片的ですが、印象に残った点のメモを紹介します。

続きを読む "県民環境講座その2"

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »