« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.22

事業所内の自販機の電気使用量を半分にする

自動販売機1台の電気使用量は家庭の電気使用とほぼ同じです。
一寸した工夫で使用量を半分に削減することができます。

お話し その1
 2ヶ月ほど前、自動車販売整備業の事業所様にお伺いしたところ、太陽光発電を導入したから、といって、その追跡データを見せてもらった。
僅かに効果があるが、その量は、事業全体に比べると微々たるものである。
しかし、そのときに 「"今まで気がつかなかったが、夜間は誰もいないのに、設置した太陽光発電を超える量の電気を使っている”ということに気がついた」 とのことでした。

何に使っているか、内訳はわからないが推定すると
①自動販売機
②クーラーなどの待機電力
③保安用の夜間照明
などが考えられるが、①自動販売機が最も大きいようだ。

続きを読む "事業所内の自販機の電気使用量を半分にする"

| | コメント (0)

2007.07.18

中越沖地震と原発の緊急時対応について考える

中越沖地震の被災地の皆様お見舞い申し上げます。
さぞ大変と思いますが一刻も早い復旧を念願します。

昨日、今日の新聞を見ると柏崎刈羽原発の問題が多数報道されています。
私は専門家ではありませんが、ISOの観点から(独断と偏見が入っているかも知れませんが)、東京電力の対応はこれでよいのだろうか少し検証してみます。

リスク管理の対応手順は、環境での労働安全衛生でも経営諸問題でもほぼ同じです。
下図はリスク管理の手順を「ISO14001 4.4.7 緊急事態の準備及び対応」に合わせて図式化したものです。
(クリックすると拡大します)
Kinkyu_jitai_3

続きを読む "中越沖地震と原発の緊急時対応について考える"

| | コメント (0)

2007.07.10

学習する組織「自己実現」を支援する実践本

Image2 1年ほど前、このブログで学習する組織の5つの能力
シシテム思考 その1  その2
自己マスタリー(自己実現)
共有ビジョン その1  その2
メンタル・モデルの克服
チーム学習
についての概要を紹介しました。

これらの能力の基本となるのが自己マスタリー(自己実現)で、自己マスタリー、共有ビジョン、メンタル・モデルの克服、チーム学習の4つの統括するコアコンセプトは「システム思考」である。

経営品質フォーラムのセミナーでは、最終目標は「システム思考」であるが、いきなりシステム思考から入っても、うまくいかない「自己マスタリー(自己実現)」入るとよい、アドバイスされた。
しかし、フールドブックを読んでも「自己マスタリー(自己実現)」のコーチ方法として「個人の価値観チェックリスト」の例が載っているだけでなかなか取り付きにくいように感じる。

今年4月になりますが、突然スコラコンサルタント・パートナーの「香本裕世」氏(以下僭越ながら香本さんと呼ばせていただきます)よりメールが来た。
内容は、先日、日本経済新聞から 「人事が変われば、会社は変わる」 というタイトルの単行本を出版したという知らせと、その内容の簡単な紹介でした。

続きを読む "学習する組織「自己実現」を支援する実践本"

| | コメント (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »