« ISO自己適合宣言の基準 | トップページ | 事務所で、次にやる節電案 »

2007.02.16

科学者から緊急メッセージ

2月2日気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第4次報告書第1作業部会報告書が採択されました。
これを機に、気候変化を研究する科学者から国民へ向けて、気候の安定化に向けて直ちに行動することを呼びかける、緊急メッセージが発表されました。

 ⇒ 気候の安定化に向けて直ちに行動を!

このメッセージの中で、自分の日ごろの活動に関連して特に強調したい点は

「産業は、生産活動を通じて温室効果ガスを削減するだけではなく、製品やサービスの改善によって温室効果ガスの削減に貢献することができる。温室効果ガスの低減は重要な社会的使命であり、「低炭素社会」の実現のために長期的な視野に立った投資を行うべきである。」
「今、行動を開始すれば、子どもたちと人類の未来を守ることができる。」

というところですね。

以下にキーワード的に要点のみを記載します。

------------------------------------------------------------

★温暖化は年々加速していることがわかる。

★ IPCC 第4次評価報告書では、20 世紀半ば以降に観測された地球温暖化は、人為起源の温室効果ガスの増加によってもたらされた可能性がかなり高い。この50 年の世界的な気候変化が、自然の変動だけで引き起こされた可能性は極めて低い。という科学的認識が共有された。

★引き続き化石燃料に依存しつつ、高い経済成長を目指す社会が続くならば、今世紀末には、平均気温の上昇は、4.0℃(2.4~6.4℃)に達すると予測されている。

★21 世紀中に大規模かつ急激な変化が起こる可能性はかなり低いものの、温暖化の進行によって、大西洋の深層循環が弱まる可能性がかなり高い。
さらに、多くの研究によると、気候変化がさらなる温室効果ガスの排出を招くという悪循環が生じることも示唆されている。また、このような温暖な気候が数千年続くと、グリーンランドの氷は最終的には消滅してしまい海面水位を7m 上昇させるだろう。

★なぜ、こうした事態が起こってしまったのか。それは、二酸化炭素の排出量が自然の吸収量を大きく越えているためである。人類が化石燃料の消費によって毎年排出する二酸化炭素の量は約70 億炭素トンであり、今後さらに増加すると予測されている。

★21 世紀は「低炭素社会」への転換の時代にしなければならない。

★産業は、生産活動を通じて温室効果ガスを削減するだけではなく、製品やサービスの改善によって温室効果ガスの削減に貢献することができる。温室効果ガスの低減は重要な社会的使命であり、「低炭素社会」の実現のために長期的な視野に立った投資を行うべきである。

★世界に先駆け「低炭素社会の実現」という目標を共有し、私たち国民ひとりひとりが、自分の生活を見直し、温室効果ガスの低減のために何ができるか考え行動することを改めて呼びかけたい。

★今、行動を開始すれば、子どもたちと人類の未来を守ることができる。

|

« ISO自己適合宣言の基準 | トップページ | 事務所で、次にやる節電案 »

f 地球温暖化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ISO自己適合宣言の基準 | トップページ | 事務所で、次にやる節電案 »