« エコカーへの切り替え効果の試算 | トップページ | 電子年賀状 »

2006.12.26

ウォームビズ対策グッズ

環境省チームマイナス6のページを見ると
≪ウォーム ビズの狙い≫
「ウォーム ビズ」は"寒いときは着る" "過度に暖房に頼らない"という原点に戻り、「暖房に頼りすぎず、働きやすく格好良いビジネススタイル」というイメージを分かりやすく表現するための愛称として決定しました。秋冬の新しいビジネススタイルとして定着し、暖房時の室温を20℃にすることを普及、定着させていきたいと考えています。

と紹介されている。

先日お伺いしたある商業ビルの会社様の集中管理室では、吹き出し口の室温を20℃に管理しておられた。しかし、個々のテナントでは、窓際に小口の暖房機がついており、実際の温度を微調整できるようになっていた。
多分、実際の温度は20℃より若干高くなっているものと思われる。

その中に「私のところは『ウォームビズ』をやるので19℃に設定して下さい。」と特別に依頼してくる会社(テナント)があったのを見かけた。

また、同じく先にお伺いした建設会社の事務所では『ウォームビズ』のため、室内暖房は石油ストーブを使用して寒暖計に20℃しておられた。
しかし、事務所入口の事務員の方は外から風が入り寒いので風が入らないよう段ボールで仕切りひざ掛けをしている。

このように、ある箇所の温度が20℃であっても、場所によっては19℃以下であったりするが『ウォームビズ』の手前、言いにくいという現象があるように見受けられる。

日経ビジネス12月18日号によると、同様のことがあちらこちらにあるらしく、目立たないようにパソコンのUSBを通して暖をとるグッズが売れているそうです。
東京秋葉原の電気店では、12月上旬200個以上が1週間をまたずに売れたらしい。

同様なことで悩んでいるOGの方は試してみてはいかがですか。

  USBあったか手袋(定価2980円)
  USBあったかマウスパッド(2480円)
  USBあったかざぶとん(定価2980円) 

(なお、当方はこの販売に関して何ら利害関係はなく、使用に関する責任もありません)

|

« エコカーへの切り替え効果の試算 | トップページ | 電子年賀状 »

d 省エネルギー・新技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エコカーへの切り替え効果の試算 | トップページ | 電子年賀状 »