« EA21導入説明会 | トップページ | EA21判定委員会 »

2006.03.26

学習する組織 その3 自己実現

学習する組織 5つの能力 の中で、成果を左右するものは「システム思考」です。
しかし、組織は「システム思考」を身につけようとしても何から手をつけてよいかわからない。
ここでは、自己実現→メンタルモデル→共有ビジョン→チーム学習→システム思考 の順番で手順を追って考えて行きます。

2004年5月の私のブログ「エンパワーメントの矛盾と幻想」で述べたように、これまでトップ(又は上司)が具体的に指示を出し、社員はこれに従うと言う形で仕事が進められてきた組織では、今になって自立型人間(自分で考えて仕事をする)と言ってみても、社員は戸惑い混乱するだけです。

vision社員個人々人の中に、自分は何をやりたいかと言う個人ビジョンを自覚させ、そのビジョンと現状の間に緊張感を持たせることが学習の第一歩です。
 
このことを、クリエーティブテンションと言う。
 

クリエーティブテンションを社内に広げ維持していくためには、次のことが必要になる。
1.リーダーの立場にある人々が自ら見える形で、自分自身のビジョンを明確にし、事実に対して真摯な態度をとること。
2.部下に対して、各人が自己ビションに気づくようコーチすること。
3.社員各人が、自己ビジョンに従って行動しようとしたときに生ずる障害をなくすること。

フィールドブックでは2項の自己ビジョンの明確化のやり方を、例をあげて紹介しています。
下の「個人の価値観チェックリスト」は、その一つの例です。

やり方:
(1)チェックリストから自分が大事と思う項目を10個選んでください。
(2)選んだ10個から、5個を捨ててください。
(3)選んだ5個から4個を捨ててください。
(4)残った1個があなたが最も大事にしている価値です。

---------------------------------------------------------------------------------
情(愛と思いやり)  社会奉仕    権威と権力   秩序(静穏、    富
安全         自由      公益事業     安定、遵奉)   内的調和
意味のある仕事   宗教      誠実さ     知的水準      肉体的な挑戦
エコロジーの意識  純粋さ     成長      着実さ        人助け
オープンで正直(な 正直さ     責任      興奮         ひとりで仕事
人と一緒にいること) 昇格・昇進   専門性    効率           をする
お金        承認(他者からの 洗練     個人の成長(自分 評判
落ち着き     尊敬、地位)  相互依存性    の能力をフルに  プライバシー
快楽        真実       創造性       発揮して生きる) プレッシャーの
時間的自由   スピードのある生活 卓越性   国家          もとで仕事する
自己尊重     家庭をもつこと  他者とともに仕事 コミュニティ   変化と多様性
仕事の安定性   競争        をする    困難な課題      冒険
仕事の速さ     協力       他者の管理  コンピテンス     民主主義
市場での地位   密接な関係    他者への影響 参加       名声
自然        経済的安定性   達成     忠実さ        有効性
質の高い人間関係 経済的収穫   知恵     道徳的習慣     リーダーシップ
自分が参加するも 芸術        知識     土地         利益
 のの品質    決断力      
---------------------------------------------------------------------------------

私も試した見たところ、私の上位3項目は
 「正直さ」 「個人の成長」 「家庭」
と言う項目になりました。

私自身、「正直さ」と言うのは自分ではこれまで考えてみませんでしたが、演習をしてみて心の奥底ではそのような気持ちを持っていたことに気づきました。
これは、誰がやってみても比較的上位にくる項目かも知れませんね。

3項の「社員各人が、自己ビジョンに従って行動しようとしたときに生ずる障害をなくすること」に対して、この「正直さ」と言うことに会社が配慮しないために、色々問題を起しています。
多くの会社の規範は「正直さ」よりも会社への「忠実さ」を求めている。 このため社員は本当のことがいえなくなり、何かをキッカケに爆発する。 最近の起きた、三菱自動車や雪印の欠陥問題、欠陥建築問題などここのことに関する話題にこと欠きません。

一方で、この問題に上手にしている企業が高い成果を上げているようにも見えます。

例えば、トヨタ自動車では生産や品質上の問題を「あんどん」「さらし首」と言った形で真実を表面に出すことを奨励している。
また、サービス業ではリクルート社の「何でも自由に言える社風」と言うのも有名です。

学習する組織を目指す会社においては、個人の自己ビジョンを顕在化させ、会社の中で、その達成を妨げないような「しかけ」「社風」を作ることが重要です。

|

« EA21導入説明会 | トップページ | EA21判定委員会 »

k 学習する組織」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31335/9273004

この記事へのトラックバック一覧です: 学習する組織 その3 自己実現:

« EA21導入説明会 | トップページ | EA21判定委員会 »