« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.26

EA21における環境目標の設定の問題点

EA21審査員になって、今日始めて現地審査を実施させてもらいました。
その感想です。
審査させていたのは石川県におけるEA21パイロット事業第1号の、造園業の方の中間審査でした。

社長さんは環境に造詣の深く意欲的な方でしたが、方針と目標のつながりがしっくり行っていないと感じた。
大手各社の環境報告書を見ると、環境目標は一般的に環境省発行の「 事業者の環境パフォーマンス評価のガイドライン 」に従って策定されている。
ところが、エコアクション21では、活動に伴う環境負荷を集計して、ここから目標を設定することになっている。
大手企業では、活動に伴う環境負荷以外に、製品・サービスに伴う環境負荷も集計し環境目標に設定しているが、エコアクション21では、このプログラムがないので、活動の中の環境負荷だけにこだわって、悩んでいるように見えた。

例えば、シャープさんでは、製造・販売活動によって発生する環境負荷よりも、太陽電池パネルを製造し販売することによる環境負荷の低減の方が圧倒的に大きい。
従って「太陽電池の製造販売」が環境目標としてとりあげられる。

ところが、EA21造園業の場合、事務所における紙・ゴミ・電気と造園工事のゴミの低減を目標してとらえられているが、ヒートアイランド防止などの造園工法による環境負荷の低減が目標として設定されていない。
(実際、この点が環境方針には入っていたが、環境目標には展開されていなかった。)

なぜなら、殆どの大企業ではLCAを活用して製品のライフサイクルを負荷把握対象としてライフサイクル環境負荷を環境負荷として把握しているか、EA21の環境負荷の集計プログラムは活動だけで、製品・サービスに伴う環境負荷の改善が数値として現れない。そのため、数値目標が設定できないのでやる必要がないかと誤解してしまうからである。

また、事務所の紙・ごみ・電気の改善は何年もやっていると改善方策が行き詰まりをきたし、苦労しているように見受けられた。

ここの社長様には、事務所の紙・ゴミ・電気中心の活動から、本業の中の環境配慮へシフトするようサゼッションしたが、本当のところ、小企業では、製品・サービスの環境負荷を数値化するだけの資源がない。
このような支援環境が整うまで、当面は定性的な環境目標を設定するしかないかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.24

環境カウンセラー面接試験

今日は、大阪天満橋で環境カウンセラーの面接試験を受けた。
午後2時開始、30分前に行くと待合室にすでに5.6人が待っている。15分前になると15人ほどが集まった。
2時からの面接試験は、事業部門が1グループ、民間部門が2グループであった。
前回(昨年)のEA21審査人の面接のときと違って、今回の面接のやり方は のん太さんのしりーづかんきょうもんだい で紹介されていたので何を聞かれるかある程度予想され、それほど心配することもなかった。
のん太さん どうもありがとうございます。

2時になり面接会場に入ると、1番から5番までが扇方の机に座席指定で半円形状に座る。
机の前方に年配の試験管2人が座っている。
ボードには
1.自己紹介と活動経験 1分
2.論文で何をいいたかったか 1分
3.環境カウンセラーとして何をやりたいか 2分
と書いてある。

続きを読む "環境カウンセラー面接試験"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.22

よくわかる地球温暖化

今冬の豪雪も地球温暖化が原因といわれています。
温暖化によって、海水からの蒸発量が増え、降雨量・降雪量も多くなるのが原因だそうです。
現在のところ地球は産業革命前に比べて平均0.9℃上昇している。
これが2℃を超えると、生活環境に大変危険な状態になり、2℃以下に抑えることが課題となっている。

ここのところの解説をチーム6が
 ● マイロク先生の「地球一よくわかる! 温暖化問題」
で動画を使ってやさしく解説しています。

地球の置かれている状況が良くわかります。
社員の環境教育の教材として活用されてはいかがでしょうか。

 ⇒ マイロク先生の「地球一よくわかる! 温暖化問題」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.12

ネットテレビ

正月にヤフー動画「ビジネスと教養」の地球外生命のビデオを見ていたら、この宇宙に地球外の知的生命が多数いることが科学的に証明されて、生命に対する考え方がコペルニクス的に変わるとか。
余り小さなことに こだわるのがバカバカしくなりました。

2日後に、そのビデオをもう一度見ようと思ってアクセスしたら、放映番組が変わっていてもう見れない。
成程、これがテレビがインターネットにとって変わられるという現象なのか、と納得。

現在、ネットテレビ番組では、「ヤフー動画」以外にも「Gyao」があって人気が出ている。
私の女房殿は以前はレンタルビデオ店で映画を借りてみていたが、最近はもっぱらネットテレビに転向したようだ。

今年は、TBS、日本テレビなどがネットテレビの無料配信を開始するらしいので、そうするとこの現象が加速されるんでしょうね。

  ⇒ ヤフー動画
 
  ⇒ Gyao

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.03

顧客満足

昨年4月に日本規格協会から「ISO/TC176からの助言 中小企業のためのISO9001」邦訳版が発行された。

昨年秋に購入して積読、ようやくこの正月休みに読んでみた。
1996年に発行された、この本の前版ISO9001:1994を対象にした「中小のためのISO9000」は良くできた本で、規格の解釈でわからないか箇所があると本書を開いて事例をもとに理解してきた。
今回の2000年対応版は、前版ほどの迫力がない。しかし、始めてISO9001に取り掛かる方にとってはかなり参考になるだろう。

その中の一部、「顧客満足」に関する手引きは、平易な言葉で解りやすく解説されていたので下記に抜粋し紹介します。

続きを読む "顧客満足"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »