« 内容が充実したエコアクション21:2004年版 | トップページ | 品質経営と環境経営はどう違うか »

2005.01.14

スマトラ沖地震 義援金

 テレビ等で見るスマトラ地震・津波の報道は痛ましい。松井秀樹が5000万円寄付したとの報道があったが、凡人は、義援の気持ちがあっても行動が伴わない。
インターネットで簡単に義援できるところはないか探していたら、日経メールより下記の案内がきた。
当初アマゾンで義援しようとしたが、設定がやたら難しく諦めてしまった。結局なじみがあるヤフーを通して義援することにした。
松井選手とは桁違いであるが、分相応の義援をさせてもらった。
亡くなった方のご冥福と被災者の方々の救援を祈っています。

   ▼ インターネットからの義援金受付先  ▼

・アマゾン「日本赤十字社のスマトラ島沖地震救援金にご協力を」
 米ドルでの寄付で、日本赤十字社の救援金への協力となる。9日現在、3571件、13万ドル。

・はてな義援金窓口
 全額、日本赤十字社の救援金として寄付。寄付内容の公開。はてなが正式に関与している事実をはてなトップページやダイアリー日記などから確認できる。1月16日まで受付。8日現在、40万円。

・ヤフー「スマトラ島沖地震・津波被害被災者支援」
 ヤフーIDでログイン、ウォレットへの登録が必要。日本赤十字社を通じて被災者に送られる。300円~3000円。寄付金額の合計は、3月中旬にヤフーボランティアのページにて報告。

・ジャパンネット銀行
 口座を持っている顧客は24時間、義援金を振り込める。振込み手数料は無料。日本ユニセフ協会を通じて被災者救援に寄付。(6日時点、4194件、2105万円。)

・イーバンク銀行
 イーバンク口座を持っている場合、1円から寄付できる。24時間手数料無料。全額、日本赤十字社を通し被災者救援のために寄付。イーバンク口座を偽った詐欺行為に注意。2370件、622万円(6日9:15分現在)

・ニフティ
 被災者支援チャリティーコンテンツ。ユニセフ(国連児童基金)支援。コンテンツの売上金とニフティの加算分を日本ユニセフに送金。2月28日15:00まで。300円、500円、1000円、3000円、5000円のうち、支払える金額を選びクリック。

|

« 内容が充実したエコアクション21:2004年版 | トップページ | 品質経営と環境経営はどう違うか »

h」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマトラ沖地震 義援金:

« 内容が充実したエコアクション21:2004年版 | トップページ | 品質経営と環境経営はどう違うか »