« Webサービス技術の動向 | トップページ | ISO14001:2004 DIS版からFDIS版への変更内容 »

2004.08.01

ホームページアクセスについて

自分のホームページの業務サイト http://www.nsweb.biz/ のことですが、4月6日に立ち上げてから4ヶ月弱になる。
利用しているレンタルサービスにはアクセス解析がついているので見てみると、お蔭様で、Visitsは、4月:230、5月:350、6月:870、7月:1350 と伸びてきている。ありがとうございます。
Topページにはアクセスカウンターをつけてあるが、この数値を見ると、半数の方がTopページを通さず直接見たいページにアクセスしていただいているようです。
また、アクセス経路はダイレクトが殆どで、YahooやGoogle等の検索サイト経由でアクセスいただいたものは約10%、この場合のアクセスキーワードは、アセスメント、ISO14001規格改正、アセッサー、自己適合宣言などとなっている。
本来、ISO、コンサル、eラーニングなどで検索されると有りがたいのだが、Yahooにデレクトリ登録していないことや競合サイトが多くて、検索しても数百番目以降となり、自分のサイトの見出しまでたどり着くことは先ずありえない状況。
先の「アセスメント」というキーワードは、比較的競合が少ないようだが、それでも自分で試しに検索してみると百番目位にやっとでてくる。良く見つけてくれたものだと感心しています。
また、最も利用の多いページは、5S等データベースのダウンロード、eラーニング、ISO14001規格改正の順番になっています。
気になったのは、Code304(ページが開けません)が予想以上にあるようだ。
これは、自分のホームページは画像や、eラーニング用のムービーなど容量がかさむページが多く、電話回線などで接続いただいた方は回線の状況で開かないページがあるのではないかと推測しています。
このような方には、ご迷惑をおかけしているようですみません。

|

« Webサービス技術の動向 | トップページ | ISO14001:2004 DIS版からFDIS版への変更内容 »

n インターネットあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホームページアクセスについて:

« Webサービス技術の動向 | トップページ | ISO14001:2004 DIS版からFDIS版への変更内容 »