« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004.06.30

有機農法のすすめ

 小泉内閣の「何があってもアメリカについていく」という姿勢の背景には、北朝鮮などに対する安全保障の問題があるといわれているが、も1つ指摘されることは、食糧安全保障の問題も絡んでいる。
このことは、マスコミに取り上げられることが少なく、一般に知られていないようである。
「我が国の食料自給率-平成14年度 食料自給率レポート・食料需給表」によると、日本の食糧自給率はカロリーベースで、1960年80%であったものが、現在40%に落ち込み世界173ヶ国中130番目である。
食糧の輸入先のトップはアメリカが群を抜いて36%、中国、オースラリヤ、カナダと続く。
しかし中国は急速な経済発展から食糧自給国から輸入国に転落、開発途上国を中心とした人口爆発も続いている。アメリカに逆らったら日本の食糧供給は保証されない。
この問題はこれからどうなって行くのであろうか。
このようなときに、日経ビジネス6月28日号に特集記事「農業再興」で、国内の農業が抱える構造的な問題が紹介されている。
これまでの農政及び農協を中心とするしくみが破綻し、崩壊の過程にあることが紹介されている。
特に、自分がアッと思ったのは、農業の農業就業人口の年齢構成の問題である。下のグラフに見られるように65歳以上の高齢者が55%を占めており、後5年で70歳を超え多くが引退すると見られることである。
耕地が放棄され益々荒れていき、食糧自給率も更に下がるのではないか、心配である。
 この状態をどうすればよいか、ということだが、2つの動きがあるようだ。
1つは、農産物を農協を通して市場に出すのではなく、自営農家として、消費者に直接販売するマーケートが形成されつつある。これらの自営農家では、消費者に顔の見えるということや、有機農法を取り入れていることで安心感を与えている。そんな農業経営を目指す若者が増えている。また、規制緩和により、カゴメ、キリンビール、ワタミといった企業の農業分野への新規参入が増えつつあるようだ。・・・・・これは日経ビジネスの記事です。
 もう一つは、有機農業の普及の機運である。EUは持続可能な農業を目指して有機農業への転換を指導してきた。現在日本では、有機農法の耕地面積率は0.1%であるのに対して、ヨーヨッパッパでは国によって違うが1~8%台になっている。ここへきて、ヨーロッパのように有機農業を広げようというNGO団体の活動が目につくようになってきた・・・・・これは枝広さんのメールマガジンによるものです。
 有機農業の普及がどうして食糧自給率の向上に貢献するのか?
自分なりに考えてみたことは
(1)有機農法は環境に優しくまた、有害化学物質が含まれないという安心があり、顔の見える市場の形成に貢献する。顔の見える市場では価格変動が小幅となり農業経営が安定する。
(2)日本のカロリーベースの自給率の問題で1番問題となるのは、穀物の大量消費により育った食肉の輸入です。有機食品は自然の味を大切のする。日本人に食生活の習慣を、肉食中心から自然本来の味中心に戻す役目を果たす。
ということではないかと思います。ヨーロッパのように有機農業拡大への政策転換を望みます。
 かくいう私も家庭菜園で有機農法をやって見ようと、エコプロダクト展で推奨された京大西村和夫博士の 「ぐうたら農法のすすめ」 を買って見たのだが、いまだやらずじまいで、こんなえらそうなことはいえないのですが(ι´Д`)。

 n_jinkou.gif  n_menseki.gif

ご感想をどうぞ! ▼ 下のコメントタブをクリックして下さい ▼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.25

ISO9000とISO14000の規格構造の基本的な違い

 今日「ISO9001規格の理解」と「ISO14001規格の理解」の両方のeラーニングコンテンツを造り終え、ホームページにアップロードした。
これらの研修は、何べんも行っているのだが、改めてスライドムービーにして、声を吹き込むとなると、NGが度々発生して、なかなかやっかいである。 通常の研修では、こんなことは気にしなくてよい。アナウンサーの方々の苦労も少しは解かったような気がしてきた。
 また、この過程を通して、ISO9001とISO14001の規格のシステム構造の違いがハッキリ見えてきたことが、自分としての収穫であったように思う。
ISO9000はマネジメントの質の改善と、製品・サービスの質の改善の2重構造になっている。また、ISO9001は顧客の満足、ISO9004は顧客を含む利害関係者の満足を追求しており、ISO9001の認証と、システムへのISO9004の適用の間に微妙な食い違いが発生している。
一方、ISO14000の方ではISO14001、ISO14004の両方とも、最終的な目標は組織に関わる環境影響の継続的改善であり、ISO14004をしっかりやって行くことが、ISO14001の認証に直結している。
ところが、先にISO9001の認証を取得してから、ISO14001に入る組織の方は、ISO14000も取り組み方はISO9000と同様だろうと勘違いして、ISO14004を余り重視されていないように感じる。
 今回開設したコースでは、ISO9001,14001の理解だけでなく、ISO9004,ISO14004を関連付けて説明を加えたつもりです。アナウンサーではないので発声は下手ですが、内容を是非見ていただきたいと思っています。
 eラーニングのページ⇒ 「ISO9001規格の理解」 「ISO14001規格の理解」

ご感想をどうぞ! ▼ 下のコメントタブをクリックして下さい ▼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.17

電気を消してスローな夜を

私たちは[100万人のキャンドルナイト]を呼びかけます。
2004年の夏至の日、6月19、20、21日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいに電気をけしましょう。

ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。

プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。

それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。

一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 環境ジャーナリストの枝広さんのメール(マガジン)から、上の呼びかけ文が届きまた。
日ごろ環境について、人にアドバイスする立場の自分として、自ら行動せねば・・・18,19日は小トリップで自宅にいないので21日に参加しようかな。
早速参加登録しました。
当日は、晴れていたら夜空を見て過ごそうかな( ´ー`)
皆さんもいかがですか。
次の「呼びかけのホームページhttp://candle-night.org/ 」から、郵便番号とメッセージを入れると、あなたの住んでいる地域にぽっと灯りがともります。
ウェブページの「参加登録はじめました」をクリックすると、現在の参加状況と参加登録フォームが出てきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.11

中小企業の環境マネジメントシステム

 仕事で接する中小事業所の皆さんと話をしていると、最近、環境に対する意識が相当に向上してきた感じています。
しかし、いざISO14001の環境マネジメントシステムの構築と認証取得ということになると、難しい、専門の人を置かないとダメだろう、維持費用が高いということになって躊躇されるようです。
 今年に入って、このようなことへの対応として2つの方向が出てきています。
 1つは、環境省の中小企業向版簡易ISO「エコアクション21」です。
これは、以前からあった制度で、私も石川県の指導員をしていました。 しかし、環境方針の設定のプログラムが入っておらずマネジメントシステムとして全社活動になりにくい、審査制度もなく、客観性・透明性にかける、という点に問題を感じておりました。
今年4月より、この点が改正され再スタートとなっています。
 もう1つは、ISO14001の自己適合宣言の動きです。この場合も、客観性、透明性をどのように担保するかという点が最も問題になります。
単に自分で「やっている」という宣言ではなく、審査機関ではないが環境に対する一定の力量を持った第三者又はISO14001のシステムを構築した他企業との相互監査といった制度が必要になる。
 この点に関して、私のホームページでも紹介してきましたが、日経エコロジー5月号でも特集を組んでいます。
興味のある人は開いて見てください。
My Homepage の紹介記事⇒ISO自己適合宣言
日経エコロジーの紹介記事のスクラップ⇒データベースNo3-05

ご感想をどうぞ! ▼ 下のコメントタブをクリックして下さい ▼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »