トップページ | 2004年6月 »

2004.05.23

エンパワーメントの矛盾と幻想

 日本経営品質協議会のアセスメント基準書によると、エンパワーメントとは「組織の戦略目標が社員に理解された上で、現場に大きな権限が委譲された状態を指します。激しい経営環境の変化に対し迅速で柔軟な経営を実現するため、現場が主体的かつ迅速な意思決定を促すしくみです。社員の自立によるやる気を通じて、組織の生産性向上に結びつく側面を持つとともに社員の無力感を取り除き、モチベーションを高める効果があります」とある。
実際、経営品質の向上を目指す企業は勿論のこと、ISO9000:2000年版でも、表現は明確でないが、要求事項の随所にその考え方が入っており、最近の日本における経営の1つのトレンドとなっている。
ところが、自分が、コンサルティングで色々の企業様にお伺いしていると、経営者の方々は「うちの社員には、もっと自主的に提案し行動するようになってほしい」といったエンパワーメントを求めるお話をされるが、実際の決定権限は、認めておらず、本心はそうなってほしくないのではないかと思われることに出くわす。
これは、日本に限らずその源流であるアメリカでも同じことらしい。
 最近読んだハーバード・ビジネス・レビュー・ブック「エンパワーメントの幻想と現実」(クリス・アージリス筆)の中に、エンパワーメントに対する経営者側と従業員側の複雑な心理が紹介されている。
エンパワーメントに対する極端な例として、東ドイツに逸話がある。
ーーーーーここから引用ーーーーー
外因的コミットメント(トップダウンの指示にもとづいて仕事を進めるという意味)というのは、多くの従業員の場合、生き残りのための心理的よりどころ、すなわち組織に適応し、身を守っていくための行動一形式となっている。彼らは、これを処世術とすることによって、たいがいの環境で生き延びていけることになる。
その実態は、旧東ドイツで現在起こっている”ドラマ”で証明できる。ベルリンの壁が崩壊すると共に、東ドイツの労働者のそれまでの働き方がガラリと変わることになった。人部分の労働者はそれまで、上層部からの指示に従うことによって自らの人生を全うすることができると信じていた、つまり、東ドイツの工場はそれまでの40年間、ほとんど例外なく中央からの指令を受け、その指示に従って生産活動を維持していた。もし労働者のだれかが、自らの"運命"を自らの手で切り開くために、そのために必要な権限を与えてほしいと言い出したりすれば、彼は自分の生命をすら危うくしたことだろう。その結果、東ドイツの労働者たちは、自分たちに求められる仕事のうち最低レベルのものを成し遂げれば任務は完了という"労働倫理"を打ち立てたのである。
共産主義政権が消滅した後、私は旧西ドイツの経営トップたちと何度かディスカッションの機会を持ったが、彼らは口々に旧東ドイツ労働者の覇気のなさ、取り組み意欲の乏しさを訴え、驚きと困惑の声を上げた。そして、外因的コミットメントに浸り切り、そのルールに従って何十年も生きてきた人々が、内因的コミットメント(自分自身で仕事のやり方を創造し決定実施すると言う意味)と正面から向き合い、これを新たなルールとして受け入れるというのは、彼らにとって肝をつぶすような、あるいは恐怖の出来事であるようだと言い、そうした事態は、自分たちの理解を絶するものだと嘆いた。
ーーーーーここから引用ーーーーー
 これは、東ドイツだけでなく日本においてもワンマン社長に率いる殆どの中小企業が同様の状況ではないかと思われる。
そのような会社では、早急にエンパワーメントを進めることは失敗につながる。トップダウンによる業務管理の中に、エンパワーメントを織り込んでいくというのが現実的である。そして、時間をかけてゆっくりとエンパワーメントを拡大するというプロセスをとらなければならない。
 結局のところ、エンパワーメントというのは、経営の理想であって完全なエンパワーメントはありえない。そしてトップダウンによる業務管理を行うか、社員のエンパワーメントによる業務管理は、業態やこれまでの組織文化によって違ってくることになると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.18

コーチングについて

 最近、インターネットナビを見るとコーチング講座の開設が急激に増えているようだ。
自分も仕事の関連から、ここ2週間程の間にコーチングに関する本を3冊読んだ。
 米国コーチ・トレーニング・協会編「コーチング・バイブル」東洋経済社
 コーチ21代表伊藤守筆「絵で学ぶコーチング」日本経団連出版
 上村光弼筆「パーフェクト・コーチング」PHP出版社
 最初の本は、コーチを職業とする人向けで、人生のコーチングについての理論とコーチングテクニックを解説している。 後の2冊は、ビジネスの現場において経営者や管理者が部下に如何にコーチングを行うかを解説している。
 いずれに、してもコーチングは、コンサルティングとは違い、コーチを受ける人の価値観を最大にするように、自らの行動を決定することを助けることにある。
 20年程前、私が勤めていた会社を含め、日本の会社の社員行動の原点はーやらないと社内での出世競争に負ける、上司にしかられるーといった恐怖感にあったように思う。
最近、このように、コーチングが盛んになってきたのは、人々の生活が安定しもはや恐怖感では人は動かない。
地位や名誉ではなく、心の充実感を求めるようになってきたことによるのだろう。
なお、ビジネスコーチングは全てに有効な訳ではなく
・経営者や管理者のように、リスクが高く、高い技術や能力を持っているとき
・新入社員のOJTのようにリスクが低いが、技術的に低い能力を持っているとき
で、リスクが高いが、技術的には低い能力しかもっていないときは、ティ-チングの方が望ましいとしています。
詳細は、私のホームページの「データベース」に読書の要点をまとめてありますので、参照下さい。⇒ホームページへのリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.11

速習法(accelerated learning)

8日に続いて、9日(日)は審査員養成機関向けの研修があったのでこれにも参加させてもらいました。
テーマは「速習法(accelerated learning)」。
人をトレーニングするときに、講義だけの場合は、学習後、3週間後は70%覚えているが、3ケ月後は10%しか覚えていない。 ところが 見て、聞いて、体験して学習した場合は、3週間後は85%覚えていて、3ケ月後でも65%記憶している。
この理論を審査員研修に応用したもの。
よく考えてみると、今小学校が取り入れている体験学習である。これを業務経験何十年のプロ集団に適用しようということで、その学習プログラムをどのように組むかという研修であった。
日本のトレーニングというと、講義があって試験があるというスタイルが一般的であるが、イギリスらアメリカでは講義をしない学習法が主流を占めているようである。
やってみて、「なるほど、こちらの方がよい」という感じを受けた。
これから、自分が行うコースに取り入れて行きたいと思います。
 会場風景⇒IRCA02.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.10

IRCA日本フォーラムに参加しました。

5月8日(土)金沢市文化ホールで第1回のIRCA日本フォーラムが開催され、出席してきました。
参加者はIRCA登録のISO審査員約200名、主催者(IRCA日本オフィス)の発表では、申し込み多数で先着順200名に絞ったとのことでした。
目玉は、ナイジェル・クロフト博士を始めとする英国本部からの情報提供で、いかに付加価値のある審査を行うかという点にあった。
ISO9001の規格は2000年に品質保証の規格から、マネジメントのしくみの規格に変わったが、世界的に見て、どこの国でも審査員は品質管理の専門家であっても、マネジメントの経験のない人が大多数。
マネジメントの経験がないため、規格に書いてあることしか審査しない(できない)審査員が殆どで、顧客(受審側)に付加価値を与えられないのが現状のようです。
このままでは顧客が逃げてしまうのではないかという危機感をIRCAを始めとする業界関係者がもっていることを審査員に伝えたかったようです。
どうしたらよいかという点について、パネルディスカッションが行われたが
・審査の中に不確かさという概念を取り入れ、不確かさとそのリスク見つけてあげることにより付加価値を与えられる。
・審査員は適合・不適合という観点から審査をしているが、適合の中で、更にどうしたらよくなるかという点を見つけてあげることが必要である。
・そのためには、受審企業の領域に対する専門的な知識が必要である。
といった幾つかの意見がでた。
面白かったのは、審査員がまじめにそのような議論をしている中で、受審企業の管理責任者が参加していて
・自分は10年位前から審査をしてもらっているが、審査員から付加価値を感じたことなどない。製品のことをよく知らない審査員が、余分なことを提案してくれるのは間違いのもと、迷惑である。
と発言されたときです。 一瞬参加者は、理想と現実のギャップがいかに深いかを認識した。
私は、実は、これが今日の本当の結論ではないか思いました。
 会場風景⇒IRCA01.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.06

eラーニング その後

 テスト開設したeラーニングがWindows98では見れない、ということで、四苦八苦していましたが、ソフトをヒューレットビルダーと並行使用することで、本日よりWindows98に対応できるようになりました。
素人仕事で、現在のところ音声がまだスムースに流れていないようですが、これからスキルをあげて行きます。
 2003年7月に先端学習基盤協議会が発行した「eラーニング白書」によると、システム、コンテンツ、サービスを合わせたeラーニングの市場規模は2003年度1700億円が2010年度は6500億円(約4倍)になると予測しています。
また、eラーニング導入済み企業25社のユーザアンケート調査では、メリットとして「自分の都合に合わせて受講できた」(70%)、「内容の理解に役立った」(62%)、「実務に生かされた」(29%)となっています。デメリットとしては「受講継続のモチベーションの継続が困難」(47%)、「講師や他の受講生とのインタラクティブ性が少ない」(25%)、「学習時間や時間が限られた」(20%)などが指摘されています。
 この辺のところも、視野に入れて改善していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。
 ⇒ eラーニングによるお試しコースのページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.04

MPEG4はビデオでないの?

ホームページビルダーをVer6からVer8にアップグレードし、eラーニングを開設しようと試みた。
ホームページに掲載するのであるから、ビデオはなるべく軽いものがほしいと探したところ、パナソニックのマルチカメラが最もよいことがわかった。このエコノミーサイズを使うと10分程度のMPEG4ファイルが8MB位でできる。
早速SV-AV35を購入、価格は4万円弱。
テスト的に自分のホームページにお試し版として掲載し,何人かの友達に見れるかテストしてもらった。
結果は、Windows XP/2000 では快適に作動する。ところが Windows 98 では、開始ボタンを押しても全く動かない。
どうしてだろうか。
もしかすると、Windows98 はMPEG4をサポートしていないのではないか。Aviに変換しては、どうかと思って、Avi変換のシェアウエア、フリーソフト4本位ダウンロードし変換してみた。
しかし、再生途中でストップしたり、音声が正常に出なかったり、まともなソフトはなかった。
IBMに問い合わせたところ、ヘルプデスクのお嬢さんの答えは、「Ver8はWindows98をサポートしています。今まで、そんなトラブルを聞いたことがありません。お客さんの環境設定に問題があるのです。」の一点張り。
それならばと思って、近所のパソコン教室の先生にテストしてもらったが、やはりダメ。
もう一度IBMに電話すると、簡易的ではあるが、やっと再現テストしてくれた。
結果は、Windows98のAviファイルでは、正常に動きます。Aviファイルに変換して使用して下さい。ビルダー付属ツール”ウェブビデオスタジオ”には変換機能がついています。」との返答。
それなら、もっと早く言ってくれればよいものを・・早速変換にかかったが、今度は”ウェブビデオスタジオ”がMPEG4をビデオとして認識してくれない。
う~ん。 IBMはMPEG4をビデオとは思っていなかったのか。
そういえば、パナソニックのマルチカメラのFAQでも、MPEG4をホームページに掲載することは、どこを探しても書いてなかった。
こんな使い方をしたのは、自分が始めてだったのか。
でも・・・IBMさん、使い方を研究せずに、「eラーニング機能がついています」を売りにするのは、少しおかしいのではありませんか。
<追伸>
その後、Windows98に対応するeラーニングソフト ヒューウレットビルダー(2.7万円)を見つけ、テスト中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.02

ココログに移転しました。

皆さんこんにちは。これまで、 My Homepageコーヒー・ブレークコーナー に掲載していたものを、今日からここに移転しました。
自宅は、加賀平野の中にあります。
近くに木場潟自然公園、憩いの森自然公園、1級河川梯川があり、自分のウォーキングになっています。
ウォーキング途中で見かけた風景を写真で綴っています。

jitaku.GIF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年6月 »