2020.09.13

日経BP特集「再興ニッポン」を読んで

 コロナ後の世界はどうなるか興味をもっていた。「アフターコロナ」とは言いながら、先を見越した記事がない。日経ビジネス9月7日号の特集「再興ニッポン」は一つの見方を示していて面白かった。

 

我々はGDPでは、米国と中国を中心とする新興勢力にどんどん引き離され、「失われた30年」とも言われて自信を失っている。
 ところが、外国や国内の若い経営者の間では、そう思っていないようで意外という感じを受けた。
この40~50年間、賃本主義をいてきた欧米諸国はその結果、「貧富の差」を生み、国内を富裕,と盆困層に分断してしまった。でも日本はそうなっていない。
中国の経済成長は素晴らしいが、国による情報統制で、都合の悪い情報は知らされず、勝手な振る舞いをして、結果として諸外国からひんしゅくをかっている。
日本は、国際的にみると、自由で格差の少ない国であるという点では、世界をリードしているのかも知れない。

 

 ただ、少子高齢化は進み、労働人ロは減っていく。自由主義でなりふり構わないアメリカ、多くの人口を抱え国家の力を総動員できる中国と同じ方法で戦っても勝ち目はない。
コロナは、ある意味、どの国も同一条件に並んだ状態を生んでいる。
限られたリソースをどう束ね、生かしていけばいいのか。

 

以下日経BP記事の部分的な転載です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020.05.05

ISO品質・環境統合内部監査チェックリスト

私は、以前はISOコンサルタントが主な仕事でしたが、その後ISO審査員の仕事が増えてきてコーヒーブレークへの投稿を暫く中断していました。久しぶりの投稿です。

ISO審査で受審企業様の状況を見ると、殆どがISO9001/ISO14001の統合マネジメントシステムで、審査は統合審査になります。
内部監査も統合審査で行われていますが、確認事項が複雑になり苦労されているようです。結果として改善指摘も少なくなっているケースが多いようです。

そこで、ISO9001:2015/ISO14001:2015統合内部監査チェックリストサンプルを作成し公開しました。

⇒ ISO9001/14001統合内部監査チェックリストサンプル集

内部監査において指摘が、的確にできるかどうかは、素質や監査技法もありますが、規格の要求していることをキチンと理解していることが必要です。
内部監査の監査員の皆さんは、日常業務が忙しくて、規格の要求事項を勉強する機会が少なく、要求事項をよく理解していない状態で監査に出掛ける場合があるように感じます。
そこでチェックリストサンプルでは、質問項目の左側に質問に関連するISO規格の該当する要求条項を記載してあり参照できるように作ってあります。
チェックの際は、規格の要求事項と対比して質問していただくと効果があると思います。

是非 ご活用ください。

| | コメント (0)

2016.04.08

小型家電のお得な廃棄方法

 平成25年4月より「小型家電リサイクル法」が施行されて3年目になる。
家電リサイクル法はテレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機の大型家電4品目に限られており、小売業者が回収して製造メーカーがリサイクルするという流れになっている。
 一方、「小型家電リサイクル法」は、法規制により対象となる全廃棄品で回収するのではなく、経済メカニズムによって回収する仕組みになっている。
 回収は、自治体(市町村)が回収して認定事業者がリサイクルを行う。ちなみに、地元小松市の回収は、大きなものは電気機械という区分けになっていて事前に1品目ごとに「大型ごみ処理券(500円)」を購入しなければならない。また、小さなものは破砕ごみ扱いになっていて破砕して鉄分だけは回収するが、金、銀、銅、レアメタルは回収されていない。小型家電リサイクルの目的は金、銀、銅やレアメタル等の枯渇する資源をリサイクルすることにあるのだが、残念なことだ。なお、小松市の対応方法は全国どこの都市と比較しても大差がないらしい。

Figf01

 パソコンを廃棄するときは「資源有効利用促進法」に対象になり家電販売店等で「リサイクル券(ゆうパック伝票)」を購入しなければならない。デスクトップパソコンを1台廃棄するときは本体3,000円、モニター3,000円の合計6,000円がかかる。

 所が、小型家電の対象品目は、電気機械器具、通信機械器具、電子機械器具、電子計算機、電球・電気照明、光学機械器具、時計、ゲーム機、事務用機器、医療機器、楽器、電子玩具、電動工具、付属品・・・全部で96品目あり、その中には、パソコンも含まれている。

これらを廃棄するとき、小型家電リサイクルの認定事業者に直接持ち込むと、リサイクル券を購入する必要がなく、逆に買い取ってくれる。また、銅やレアメタル等の資源も回収してリサイクルするしくみになっている。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016.04.07

ISO9001:2015 内部監査チェックリストサンプル

 先にISO9001:2015/ISO14001:2015統合マニュアル(業務マニュアル)のサンプルを公開しました。
 しかし、このサンプルは製造業の小企業に焦点をあてたものであり事業規模が違ったり、業種が違うと若干合わない点があるかと思います。

⇒ ISO9001(2015年版)改正のポイントと統合マニュアル改定文例(解説)

⇒ ISO9001/14001 (2015年版)統合マニュアル及び文例集

 また、2015版への移行審査に際しては、移行前に2015年版に対応した内部監査とマネジメントレビューを実施しておくことが要求されています。

 この両方の観点から、主としてISO9001:2015年版ヘの移行前の内部監査に焦点を当てた内部監査チェックリストを公開しました。

⇒ ISO9001:2015年版移行内部監査チェックリストサンプル集

 品質マネジメントシステムをISO9001:2015年版へ移行するときの参考として、また、ISO9001:2015年版 移行審査前に内部監査用としてご活用いただくことを期待しております。

| | コメント (0)

2016.03.09

社会構造の破壊的イノベーション

 日経エコロジー4月号に 昨年12月のCOP21パリ協定についてのリポート「パリ協定 3つの宿題」の記事が掲載されていた。その感想です。

まず、パリ協定の内容について復習すると、概要は以下のようである。

 ==============================================
1 世界の平均気温上昇を産業革命前と比較して「2℃未満」に抑える。
そのための長期目標として、今世紀後半に、世界全体の温室効果ガス排出量を、生態系が吸収できる範囲に収める=人間活動による温室効果ガスの排出量を実質的にはゼロにしていくことを意味する。更に1.5℃にする努力をする。
2 各国は、既に国連に提出している2030年に向けての排出量削減目標を5年ごとに見直し再提出する。
3 5年ごとの目標の提出の際には、原則として、各国は、それまでの目標よりも高い目標を掲げること。
4 先進国が途上国へ対策資金を支援する。
5 「損失と被害」が発生してしまった国々への救済の仕組みを整える。
6 各国の削減目標に向けた取り組みを検証する仕組みを整える。
7 技術開発(イノベーション)とその移転などについて長期ビジョンを作成する。
===============================================

 COP21でなぜ2℃未満という目標を定めたか。以下は私が調べた理由で、平均気温を2℃未満に抑えることが人類共通の正義であることをCOP21で各国が合意したということでしょう。言うならば地球上の全人類が温暖化防止に向けて時間との戦争状態に入ったということですね。

» 続きを読む

| | コメント (2)

«ISO 2015版への移行コンサル及び内部監査員研修を開始しました